≪過去の企画展一覧に戻る
 
 企画展
概 要 みどころ &
主な出品作品
関連イベント お客様の声
 
     
 
佐伯祐三《郵便配達夫》1928年
大阪新美術館建設準備室蔵
 
     
   〔会 期〕 2013年7月5日(金)―9月16日(月・祝)  
     
          ※会期中、ポスター作品の展示替を行います  
    [前期展示]7月5日(金)-8月5日(月) [後期展示]8月7日(水)-9月16日(月・祝)  
       
 

 〔開館時間〕
       10:00〜日没後30分(展示室への入場は日没時刻まで)

 
     
 

 〔休館日〕 火曜日 ※ただし、8月13日(火)は開館します

 
     
     
 
観覧料 当日券
前売券
企画展 企画展・コレクション展
セット
企画展・コレクション展
セット
一 般 1,000(800)円 1,150(920)円 900円
大学生 600(450)円 700(530)円 ----
高校生以下無料 (神々の国しまねプロジェクト)

※ ( )内は20名以上の団体料金
※ 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、及びその付添の方は
  観覧無料

※ 前売券は、ローソン各店(L コード65178)、チケットぴあ窓口(Pコード765-649)
  JRの主な駅、主な旅行会社、各プレイガイドにてお求めになれます(5/17発売)

ミュージアム・パスポートでご覧いただけます

主 催 /
島根県立美術館、大阪新美術館建設準備室、日本海テレビ、読売新聞社
美術館連絡協議会、SPSしまね

協 賛 /
ライオン、清水建設、大日本印刷、損保ジャパン
後 援 /
朝日新聞松江総局、毎日新聞松江支局、日本経済新聞社松江支局
産經新聞松江支局、中国新聞社、山陰中央新報社、新日本海新聞社
島根日日新聞社、NHK松江放送局、山陰中央テレビ、BSS山陰放送
エフエム山陰、山陰ケーブルビジョン

 概 要
 
1920年代、一人の日本人青年が見たパリの夢―
佐伯祐三
大阪に生まれた佐伯祐三(1898-1928)は、東京美術学校を卒業し、
渡仏後まもなく、野獣派の大家ヴラマンクに「アカデミック!」と
作品を批判されたことを契機に自らの作風を模索し始めます。
やがてパリの石造りの建造物や壁にモチーフを見出し、独自の
様式を確立しました。1926年に日本に一時帰国するものの、
パリへの思いは絶ちがたく再びフランスに向かい、この2度目の
滞在において、街並みに広告の文字が躍る名作を次々と生み出し
ました。そして志半ば、短くも情熱に満ちた生涯をパリで閉じたの
でした。日本近代洋画の中でもひときわ個性の際立つ佐伯の
作品は、現在も多くの人々を魅了し続けています。
このたびの展覧会では大阪新美術館コレクションの佐伯作品
58点によって、この夭折した天才画家の画業を回顧します。
また、関連作家の作品や同時代フランスのポスター作品など
約50点を併せて展示し、画家が魅せられた芸術の都の息吹を伝えます。

※大阪新美術館コレクションは大阪市立近代美術館コレクションより名称変更したものです。

 

 みどころ&主な出品作品
 
その@ 留学前から晩年まで 佐伯祐三の作品58点を一堂に
  大阪新美術館の誇る、国内最大かつ最高水準の佐伯コレクションすべてを公開。
  30歳という若さで亡くなった佐伯の画業の全貌が明らかに。
     
 

《郵便配達夫》1928年

  《レストラン(オテル・デュ・マルシェ)》1927年
 
 
《パリ遠望》1924年   《立てる自画像》1924年
※両面展示作品(前期は《立てる自画像》を
正位置で、後期は裏面の《夜のノートルダム
(マント=ラ=ジョリ)》を正位置で展示します)
     
《彌智子像》1923年 《壁》1925年 《レ・ジュ・ド・ノエル》1925年
     
《広告(アン・ジュノ)》1927年 《煉瓦焼》1928年
※煉の字は、正しくは火+柬です
《黄色いレストラン》1928年
 
※すべて佐伯祐三作品/大阪新美術館建設準備室蔵  
 
そのA ヴラマンク、ユトリロ…佐伯周辺の画家たち。
  佐伯の絵を「アカデミック!」と批判し佐伯に大きな衝撃を与えたヴラマンク、佐伯が影響を受けた
  パリの街角を描いたユトリロ、パリで佐伯と交友した日本人画家里見勝蔵・荻須高徳らの作品も展示。
 
 
そのB 魅惑のサントリーポスターコレクション。
  フランスのポスター作品も1920年代のものを中心に多数出品。佐伯が描いたパリの街角の
  雰囲気を展示室に再現します。
     
 
ジョルジュ・バルビエ
《クロチルド・サカロフとアレクサンドルサカロフ》1921年

サントリーポスターコレクション
大阪新美術館建設準備室寄託  〔後期展示〕
  シャルル・ジェスマール
《ミスタンゲット》1926年
サントリーポスターコレクション
大阪新美術館建設準備室寄託
 
 
 関連イベント
●ギャラリートーク(担当学芸員による作品解説) 
「佐伯祐三とパリ」展 観覧券が必要です

【日 時】  7月7日(日)、27日(土)、8月11日(日)、9月8日(日) 各日14:00〜

【会 場】  企画展示室


●美術館キネマ 〜懐かしい思い出が蘇る名画〜 ※鑑賞無料

「巴里のアメリカ人」

主演:ジーン・ケリー/レスリー・キャロン/オスカー・レヴァント
    (1951年 米国映画 カラー113分 DVD上映)

【日 時】 7月14日(日)
       1回目 10:30〜(字幕) 2回目 14:00〜(吹替) (各回30分前開場)

【会 場】 美術館ホール (190席/当日先着順)

---------------------------------------------------------------------------
「シャレード」

主演:オードリー・ヘップバーン/ケーリー・グラント/ウォルター・マッソー
    (1963年 米国映画 カラー 113分 DVD上映)

【日 時】 9月1日(日)
       1回目 10:30〜(字幕) 2回目 14:00〜(吹替) (各回30分前開場)

【会 場】 美術館ホール (190席/当日先着順)


●プレゼント企画
※「佐伯祐三とパリ」展観覧者対象 先着100名

「ポスターのある街角」にちなみ、企画展ポスターをプレゼント!

【日 時】  7月20日(土) 10:00〜


●記念講演会 ※聴講無料

【演 題】
  「佐伯祐三と1920年代のパリ」


【講 師】  熊田 司氏(和歌山県立近代美術館館長)


【日 時】  7月21日(日) 14:00〜(13:30開場/約1時間半)

【会 場】  美術館ホール (190席/当日先着順)


●トワイライトコンサート―パリの街角から― ※鑑賞無料

佐伯が描いたパリの街角の雰囲気が夕暮れのロビーに漂います。
ドリンクを片手にアコーディオンの音色をお楽しみください。

【日 時】 7月27日(土) 18:00〜(約50分)


【出 演】 寺田 ちはる (アコーディオニスト)

【会 場】 美術館ロビー カフェスペース

【曲 目】 パリの空の下 ユベール・ジロー
       闘牛士 ジョルジュ・ビゼー
       ボレロ モーリス・ラヴェル
       愛の讃歌 マルグリット・モノー
       ほか

※曲目は変更になる場合がございます
※座席数に限りがある為、立見での鑑賞になる場合がございます。ご了承ください。

※カフェスペース以外での飲食はご遠慮願います。
※ドリンクはカフェスペースで販売(有料)します。(販売時間17時-19時)

  協力:リストランテ ベッキオ・ロッソ

●コンサート連動プレゼント企画 ※先着20名様

企画展観覧者先着20名様にドリンク無料券をプレゼント!

【日 時】 7月27日(土) 17:00〜


●美術講座 ※聴講無料

【演 題】  「壁と文字―佐伯祐三の表現について」

【講 師】  帯刀 菜緒 (当館学芸員)

【日 時】  8月3日(土)14:00〜(13:30開場/約1時間半)

【会 場】 美術館講義室(40席/当日先着順)


 

●夏休みアート体験2013  ※参加無料 ※要事前申込

作品イメージ

「佐伯の絵からとびだした!立体で作るパリの街」

画家・佐伯祐三が愛したパリの街を立体で再現します。
木材にパテを盛って凹凸を作り、着色したり拭き取ったりを繰り返しながら、
佐伯が描いた建物風オブジェを作ります。

【日 時】 8月10日(土)〜13日(火)
       1回目 10:30〜13:00
       2回目 14:00〜16:30

       (1日2回 計8回実施)

【会 場】 美術館アートスタジオ

【対 象】 どなたでも
       ※ただし小学校3年生以下は保護者同伴
        (保護者の方が主体となって作っていただきます。)

【定 員】 各回16名

【申込方法】
       下記の必要事項をお書きの上、Eメールまたは
       往復ハガキにてお申し込みください。
       1. お名前(ふりがな)と年齢・学年
        ※複数名まとめて申し込む場合は制作体験される方全員分が必要
       2. 参加を希望する日と時間(第2希望まで)
       3. 住所
       4. 電話番号

【申込先】  島根県立美術館「立体で作るパリの街」係
        ≪Eメール≫ sam@pref.shimane.lg.jp
        ≪往復ハガキ≫ 〒690-0049 島根県松江市袖師町1-5

【申込締切】  7月26日(金)消印有効 終了しました
         申込多数の場合は抽選
         ※結果は8月2日(金)頃返信いたします。

※定員に満たない場合は締切日以降でもお申し込みを受け付ける場合がございます。
※お客様の個人情報は、当ワークショップの運営以外には利用いたしません。

【企画協力】 島根大学教育学部学校教育課程美術教育専攻


●夏休み!子ども限定バックヤードツアー ※参加無料

日頃見られない美術館のバックヤードをご案内します。


【日 時】
  8月17日(土)、18日(日)

       各日@11:00〜 A14:00〜 (各回約40分)
       開始15分前に総合受付横にお越しください。


【対 象】  小・中・高校生(※保護者同伴可)


【定 員】  各回先着15名程度
 
 
 

≪今後の企画展へ

▲このページのトップへ
 
 
 
 
〒690-0049 島根県松江市袖師町1-5
TEL:0852-55-4700 FAX:0852-55-4714
https://www.shimane-art-museum.jp