≪過去の企画展一覧に戻る
 
 
 企画展
概 要 主な
出品作品
関連
イベント
お客様の
 
     
 

古典から抽象へ
堂本印象
―新たなる美の   
  創造をめざして―
 
 


 
   会 期    2013年4月26日(金)−6月10日(月)  
       
 

 開館時間  10:00〜日没後30分(展示室への入場は日没時刻まで)

 
     
    休館日    火曜日  ※ただし、4月30日(火)は開館  
 

 

 
 

 

 
     
 
観覧料 当日券
前売券
企画展 企画展・コレクション展
セット
企画展・コレクション展
セット
一 般 1,000(800)円 1,150(920)円 900円
大学生 600(450)円 700(530)円 ----
高校生以下無料 (神々の国しまねプロジェクト)

※ ( )内は20名以上の団体料金
※ 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、及びその付添の方は観覧無料
※ 前売券は、ローソン各店(L コード64571)、チケットぴあ窓口(Pコード765-590)、
JRの主な駅、主な旅行会社、各プレイガイドにてお求めになれます(3/15発売)

ミュージアム・パスポートでご覧いただけます

主 催 /
島根県立美術館、日本海テレビ、SPSしまね
特別協力 /
京都府立堂本印象美術館
後 援 /
朝日新聞松江総局、毎日新聞松江支局、読売新聞松江支局、産經新聞松江支局
日本経済新聞社松江支局、中国新聞社、山陰中央新報社、新日本海新聞社
島根日日新聞社、NHK松江放送局、山陰中央テレビ、BSS山陰放送、エフエム山陰
山陰ケーブルビジョン

 概 要
 
京都御所近くに生まれた日本画家堂本印象(どうもといんしょう)〔明治24年〜昭和50年〕(1891-1975)は、
大正から昭和後期にかけて、帝展・日展を中心に活躍しました。
画業前期の印象は、同時代の潮流や洋の東西を問わない様々な古典に影響を受け、仏教画を中心に
幅広いモチーフの傑作を発表。戦後の画業後期は、世相を反映したモダンな風俗画を発表したのち、
「新造形」と自称する抽象画の世界を展開、欧米でも高い評価を得ました。特定のジャンルに拘らない
その幅広くエネルギッシュな美術活動は、「日本のピカソ」と称せられた所以です。
本展では、一括保管していた自作を基に、印象が構想し建築デザインも行った京都府立堂本印象
美術館(京都市北区)のコレクションを中心に紹介。また、京都・奈良の寺院に揮毫した襖絵を特別に
借用し、初期から晩年に至る日本画の代表作約60点を一堂に展示します。また下絵、スケッチや
油彩、水彩、木彫、陶芸等の美術作品も併せて紹介し、多彩な印象芸術の魅力に迫ります。

 
 主な出品作品
 
 

《維摩(ゆいま)》 1923(大正12)年
京都府立堂本印象美術館

  《華厳(けごん)》 1925(大正14)年
東大寺
 
 
《木華開耶媛(このはなさくやひめ)》 1929(昭和4)年
京都府立堂本印象美術館
  《交響》 1961(昭和36)年
京都府立堂本印象美術館
 
 
《太子降誕》 1947(昭和22)年
京都府立堂本印象美術館
  《メトロ》 1953(昭和28)年
京都府立堂本印象美術館
     
 
《兎春野に遊ぶ》 1938(昭和13)年
京都府立堂本印象美術館
  《静風自来(せいふうじらい)》1971年(昭和46)年(部分)
法然院
 
 関連イベント
 
●スペシャルトーク 「師・堂本印象の思い出」 聴講無料

【ゲスト】  三輪 晃久 氏(日本画家、京都府立堂本印象美術館館長、堂本印象の甥・弟子)
        山田 由希代 氏(京都府立堂本印象美術館主任学芸員)


【日 時】  4月27日(土) 14:00〜(13:30開場/約1時間半)

【会 場】  美術館ホール (190席/当日先着順)

ゴールデンウィークは美術館で島根ゆかりのイベント
●“しじみ”が絵具になる?! ※参加無料 ※当日先着100名様

日本画の白色顔料、胡粉(ごふん)は貝殻からできています。
宍道湖名産のしじみで作った顔料で、好きな言葉や絵を描いてみてください。


【日 時】  4月29日(月・祝) 10:30〜 

【会 場】  美術館ロビー
-------------------------------------------------------------------
●出雲神代神楽 in ミュージアム ※鑑賞無料

印象の代表作に描かれる「木華開耶媛」が登場する演目です。


【日 時】 5月5日(日・祝) 〔1回目〕11:00〜 〔2回目〕14:00〜(各回約30分)

【演 目】
 天の足玉(あめのけりだま)
        木華開耶媛が吉野神宮と出雲大社の加護を受けて、
        悪行を封じ平らげたお話。

【出 演】 海潮山王寺神楽(うしおさんのうじかぐら) ※島根県無形民俗文化財指定

【会 場】  美術館ロビー

※座席数に限りがあるため、立見での鑑賞になる場合がございます。予めご了承ください。
※展示室内に音が響くことがございます。ご了承ください。

●ロビーコンサート 〜響き合う弦楽の調べ〜 ※鑑賞無料

印象の抽象画《交響》のイメージにちなんで、クラシックの名曲を
「出雲芸術アカデミー音楽院」講師の皆様による弦楽四重奏でお届けします。


【日 時】 5月19日(日) 〔1回目〕13:00〜 〔2回目〕15:30〜 (各回約30分)

【出 演】 高橋美穂(ヴァイオリン)、福田悠子(ヴァイオリン)、井川晶子(ヴィオラ)、玉串直美(チェロ)

【会 場】 美術館ロビー


【曲 目】
   モーツァルト作曲   ディヴェルティメント第1番 k.136 第1楽章、第2楽章、第3楽章

   バッハ作曲   管弦楽組曲第3番より第2楽章「アリア」(G線上のアリア)

    モリコーネ作曲   映画「ニュー・シネマ・パラダイス」より 愛のテーマ

   エルガー作曲   愛の挨拶

   ヴィヴァルディ作曲   「四季」より春 第1楽章

   チャイコフスキー作曲   バレエ音楽「くるみ割り人形」より 花のワルツ

※曲目は変更になる場合がございます。


※座席数に限りがあるため、立見での鑑賞になる場合がございます。予めご了承ください。
※展示室内に音が響くことがございます。ご了承ください。


●記念講演会「堂本印象の世界」 ※聴講無料

【講 師】 島田 康ェ 氏(美術評論家、前京都府立堂本印象美術館館長)

【日 時】 5月26日(日) 14:00〜(13:30開場/約1時間半)

【会 場】 美術館ホール (190席/当日先着順)

●ギャラリートーク ※「堂本印象展」観覧券が必要です

【日 時】 4月28日(日)、5月12日(日)、5月19日(日)、6月8日(土) 各日14:00〜

【会 場】 企画展示室


プレゼント企画

●ポスタープレゼント
※企画展「堂本印象展」観覧者対象 先着100名

【日 時】 5月4日(土・祝) 10:00〜

-------------------------------------------------------------------
●母の日特別企画
青いカーネーション「ムーンダスト」プレゼント

※企画展「堂本印象展」観覧者対象 先着50名

5月12日(日)は母の日です。母の日の贈り物といえばカーネーション。
そこで、島根県立美術館では母の日特別企画として、サントリーが開発した
世界初の青いカーネーション「ムーンダスト」をプレゼントいたします。


【日 時】 
5月12日(日) 10:00〜

【配布方法】 企画展受付にて「堂本印象展」観覧者先着50名様に引換券を配布いたします。
         お帰りの際、正面玄関(風除室)でお花と引き換えいたします。(お一人様一本)
         ※館内への生花のお持込みはご遠慮願います。
----------------------------------------------------------------------------
●[小企画展]松平不昧関連イベント
お茶席ご招待

※企画展「堂本印象展」観覧者対象 先着各日30名

【日 時】 5月18日(土)、5月25日(土) 各日10:00〜

---------------------------------------------------------------------------
●「堂本印象画集」プレゼント
※企画展「堂本印象展」観覧者対象 先着10名

【日 時】 6月1日(土)  10:00〜


 
 
 
 
≪今後の企画展へ
 
▲このページトップへ
 
 
〒690-0049 島根県松江市袖師町1-5
TEL:0852-55-4700 FAX:0852-55-4714
https://www.shimane-art-museum.jp