≪過去の企画展へ
 
 
 企画展  第60回 日本伝統工芸展 ―ものづくりの、今―
概 要 主な
出品作品
関連イベント
お客様の声
 
   
   〔会 期〕 2013年12月11日(水) ~ 12月25日(水)  
     
  会 期 中 無 休  
       
 

 〔開館時間〕 午前10時 ~ 午後6時30分
              (展示室への入場は午後6時まで)

 
     
     
 
観覧料 当日券 前売券
企画展 企画展・コレクション展
セット
企画展のみ
一 般 600(480)円 750(600)円 500円
大学生 400(320)円 500(400)円 ----

高校生以下無料

※( )内は20名以上の団体料金。
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、及びその付添の方は観覧無料。
※前売券は、ローソン各店(Lコード67773)、チケットぴあ窓口(Pコード765-875)、JRの主な駅、主な旅行
会社、各プレイガイドにてお求めになれます(10/10発売)。

ミュージアム・パスポートでご覧いただけます。

主 催
島根県、島根県立美術館、島根県教育委員会、公益財団法人しまね文化振興財団
NHK松江放送局、朝日新聞社、山陰中央新報社、公益社団法人日本工芸会
SPSしまね

後 援 文化庁、鳥取県、鳥取県教育委員会、公益財団法人しまね産業振興財団
 概 要
 
 日本伝統工芸展は、優れた工芸技術の保護育成を目的に昭和29年より開催され、今年で第60回を
迎えます。
本展は工芸界最大規模の公募展であり、陶芸・染織・漆芸・金工・木竹工・人形・諸工芸の7部門で、
厳正な審査により選び抜かれた作品が毎年全国12会場で展覧されます。松江展では、重要無形文化財
保持者(人間国宝)の作品45点をはじめ、受賞作19点、地元山陰在住作家の入選作9点を含む291点を
一堂に展示いたします。
 今年度は、白磁作家の前田昭博氏が、鳥取県在住者として初の重要無形文化財保持者(人間国宝)に
認定されるという大変な栄誉がありました。今を生きる匠による工芸の名品を、この機会にぜひご覧ください。
 
 主な出品作品  (主に中国地方の作家を紹介しています)
 
【陶芸】白瓷面取壺
前田 昭博 〈鳥取県鳥取市〉
重要無形文化財保持者(人間国宝)
※今年度新認定
【諸工芸】有線七宝蓋物
「風のいのり」
小川 佳都代
第60回展記念賞
【木竹工】花籃「残照」
岐部 笙芳
     
【染織】木綿手紡絣経緯着物「山桃」
福井 禎 〈鳥取県倉吉市〉
初入選
【人形】紙塑紙貼「縁結びの巫女」
吾郷 江美子 〈出雲市〉
     
【陶芸】焼締窯変茜壺
山本 浩彩 〈鳥取県倉吉市〉
文部科学大臣賞
【漆芸】沈金箱 「忍冬」
西 勝廣
   
人間国宝    
 
【陶芸】鉄釉小枝の鳥文大壺
原 清 〈出雲市出身・埼玉県寄居町在住〉
【漆芸】蒔絵螺鈿菱華文卓
室瀬 和美
     
熟練作家    
 
日本工芸会奨励賞
【金工】切嵌象嵌接合せ箱「朝陽」
山本 晃 〈山口県光市〉
     
女流作家    
【諸工芸】省胎七宝鉢「爽爽」
松本 三千子 〈松江市〉

朝日新聞社賞
【漆芸】乾漆蒟醤箱「昧爽」
藪内 江美
※醤の字は、正しくは將の下に酉です

初入選
【染織】広瀬絣着物「百花斉放」
永田 佳子 〈安来市〉
 
 
新進作家(20代)    
【木竹工】欅造拭漆盛器
濱田 幸介 〈松江市〉

日本工芸会新人賞
【人形】 陶彫彩色「蒼森」
中村 弘峰

 
 
 
 関連イベント
 
●―人間国宝 認定― 記念講演会 ※聴講無料

【講 師】  前田 昭博[白磁・重要無形文化財保持者
        (人間国宝)、鳥取県鳥取市] ※今年度新認定


【演 題】
  「私と白磁」

【日 時】  12月15日(日)午後1時30分~(開場1時、約1時間)

【会 場】  美術館ホール(190席、先着順)

 前田 昭博 (まえた あきひろ)

 昭和29年(1954)現・鳥取市河原町に生まれる。昭和52年(1977)大阪芸術大学工芸
学科陶芸専攻卒業。地元を創作の拠点とし、山陰の雪景色をイメージした柔らかで
 しっとりとした質感を大事にしながら、光の陰影により浮かび上がる白いフォルムの
造形を追求し続ける。平成19年(2007)紫綬褒章を受章し、今年度重要無形文化財
保持者(人間国宝)【白磁】に認定された。



※ ホールでの講演終了後、企画展示室で前田氏による陶芸分野の作品解説を行います。
  あわせてご参加下さい。

ギャラリー・トーク (出品作家による各分野の展示作品解説)
 ※要・日本伝統工芸展観覧料

【時 間】 各日午後2時~ (ただし15日は講演会終了後)


【会 場】
 企画展示室


【日程・講師】

12月11日(水) 福井  禎 [染織、日本工芸会正会員](鳥取県倉吉市)

12月14日(土) 川北 良造 [木竹工、重要無形文化財保持者(人間国宝)]

12月15日(日) 前田 昭博 [陶芸、重要無形文化財保持者(人間国宝)]
(鳥取県鳥取市)※今年度新認定

12月21日(土) 中村 信喬 [人形、日本工芸会理事]

12月22日(日) 室瀬 和美 [漆芸、重要無形文化財保持者(人間国宝)]

12月23日(月・祝) 小川佳都代 [諸工芸、本年度諸工芸部門第一次鑑査委員]
     

 

●新しい年からのお気に入りの一品
  新年おめで陶芸体験
  ~自分だけのオリジナル マイ食器を作ろう!!~
 (鑑賞と制作体験)
  ※要事前申込  ※要材料費+日本伝統工芸展観覧料

イメージ

日本伝統工芸展の鑑賞によって工芸の匠の技に触れるとともに、
やきものの制作を通して魅力を体感できるワークショップです。

【日 時】 12月22日(日)
       ①10:00~ ②13:00~(各回約2時間)

【会 場】 企画展示室・アートスタジオ

【講 師】 目次潤平(日本工芸会中国支部研究会員)

【定 員】 各回25名

【対 象】 小学生以上(ただし小学校3年生以下は保護者同伴)

【参加料】 500円(材料費)+ 日本伝統工芸展観覧料

【申込方法】
       ハガキ・FAX・Eメールのいずれかに以下の必要事項をお書きの上、
       下記申込先にお送りください。

       ①お名前(ふりがな)と学年 
        ※複数名まとめて申し込む場合は、制作体験される方全員分が必要
       ②参加を希望する時間
       ③住所
       ④電話番号
       ⑤FAX番号

【申込先】 島根県立美術館「新年おめで陶芸体験」係
       ≪ハガキ≫ 〒690-0049松江市袖師町1-5
       ≪FAX≫  0852-55-4713
       ≪E-mail≫ sam@pref.shimane.lg.jp

【申込締切】 11月27日(水) 消印有効 12月20日(金) 必着 ※締切を延長しております
        定員に達したため、受付を終了いたしました

※当選者の発表は、11月30日頃のハガキ(参加証)の発送をもってかえさせていただきます。
※作品は焼成後、後日当館にてお渡しいたします。
※定員に満たない場合は、締切日以降でも申し込みを受け付ける場合がございます。
※お客様の個人情報は、当ワークショップ運営以外には使用いたしません。

 
◆作品の受け渡しについて

当日ご参加いただいた方は、以下の期間中に作品をお受け取りください。

【場 所】 島根県立美術館 総合受付

【期 間】 2月8日(土)~23日(日)
 
 
≪今後の企画展へ
このページトップへ
 
〒690-0049 島根県松江市袖師町1-5
TEL:0852-55-4700 FAX:0852-55-4714
http://www.shimane-art-museum.jp