柳宗理デザイン 美との対話

柳宗理デザイン 美との対話
  • 概要
  • 主な出品作品
  • 関連イベント
  • お知らせ
  • お得な割引券

概要

戦後日本を代表するプロダクトデザイナーとして知られる柳宗理(1915-2011)。民藝運動の指導者の家庭に育った柳は、終戦後、本格的にデザインの仕事を始め、柳工業デザイン研究会を設立します。本展は、生涯にわたって多様なデザインを手がけ、山陰の民藝にも深い関わりを持った柳宗理の仕事の全貌に迫る展覧会です。
会 期
2020年1月24日(金) ~ 3月23日(月)
開館時間
[1月・2月] 10:00~18:30(展示室への入場は18:00まで)
[3月] 10:00~日没後30分(展示室への入場は日没時刻まで)
休館日
火曜日(ただし2月11日は開館、翌12日(水)は休館)
観覧料 当日券 前売券
企画展 企画展・コレクション展セット 企画展・コレクション展セット
一般 1,000(800)円 1,150(920)円 900円
大学生 600(450)円 700(530)円 ----
小中高生 300(250)円 300(250)円 ----

※ ( )内は20名以上の団体料金
※ 小中高生の学校教育活動での観覧は無料
※ 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、及びその付添の方は観覧無料
※ ミュージアム・パスポートでご覧いただけます
※前売券は、ローソン各店(Lコード 62386)、チケットぴあ窓口(Pコード 685-053)、セブンチケット及び
  各プレイガイドにてお求めになれます(12/24から3/23まで販売します)
 

 


主  催 :  島根県立美術館、日本海テレビ、SPSしまね
特別協力 :  柳工業デザイン研究会
協  力 :  金沢美術工芸大学、日本民藝館、日本民藝協会

後  援 :  朝日新聞松江総局、毎日新聞松江支局、読売新聞松江支局、産經新聞松江支局、
      中国新聞社、山陰中央新報社、新日本海新聞社、島根日日新聞社、NHK松江放送局、
      TSK山陰中央テレビ、BSS山陰放送、エフエム山陰、山陰ケーブルビジョン
助  成: 2019年度 文化庁 文化芸術創造拠点形成事業

◆毎週木曜日の午前中は「かぞくの時間」(こどもといっしょの鑑賞優先時間など)を実施しています。

> 展覧会チラシ(PDF)

主な出品作品

バタフライスツール初期形   エレファントスツールの画像
《バタフライスツール 初期型》天童木工 1956年   《エレファントスツール》コトブキ 1954年
 
レコードプレーヤー 画像   松村硬質陶器シリーズの画像
《レコードプレーヤー》日本コロムビア 1952年   《松村硬質陶器N型シリーズ》松村硬質陶器 1952年頃
 
黒土瓶の画像   牛ノ戸窯 徳利の画像
《黒土瓶》京都五条坂窯 1958年   《徳利》牛ノ戸窯 1968年
 
キャセロール1960年   カトラリーの画像
《キャセロール》出西窯 1960年   《#1250ステンレス カトラリーシリーズ》佐藤商事 1974年

 

※全て柳工業デザイン研究会蔵。

 

戦後日本を代表するデザイナーとして知られる柳宗理(1915-2011)は、民藝運動の指導者を父に、クラシックのアルト歌手を母に持つ
家庭で育ちます。終戦後に本格的にデザインの仕事を始め、柳工業デザイン研究会を設立し、日本においてプロダクトデザインが大きく
発展していった時期に、重要な役割を果たしました。
本展では、幅広いデザイン分野で活躍し、世界的にも高い評価を受けている柳宗理の仕事の全貌に迫ります。加えて日本民藝館の館長も
務めた柳宗理の蒐集品や、山陰の民藝との深い関わりについてもご覧いただけます。スプーンやフォークといった小さな生活用品から、
高速道路の防音壁のような大型公共構造物まで、宗理がその造形的感覚と「手」によって生み出したデザインの「美」をご覧ください。

1. 柳宗理の歩み
生い立ちからデザイナーとして活躍し始めるまで、柳宗理の人生の歩みをご紹介します。
また宗理の代表的な作品もご覧いただけます。

2. 柳宗理の世界
幅広いデザイン分野で活躍した柳宗理のデザインの全貌をご紹介します。

3. 柳宗理と山陰
山陰の民藝との深い関わりについてご覧いただけます。

4. 柳宗理の見た世界
宗理の蒐集した世界各地の民藝、日本の民藝などをご紹介します。

関連イベント

 要企画展観覧料 

01_オープニング ギャラリートーク
     
【講 師】 柳新一(柳工業デザイン研究会理事長)
 
【日 時】 1月24日(金) 10:00~(約60分)
 
【会 場】 企画展示室
 

 要企画展観覧料 

02_スペシャル ギャラリートーク
     
【講 師】 藤田光一(柳工業デザイン研究会デザイナー)
 
【日 時】 1月24日(金) 14:00~(約60分)
 
【会 場】 企画展示室
 

 聴講無料   当日先着順 

03_記念講演会①「自由な人 宗理先生」
     
【講 師】 前半:講演/山本教行(岩井窯主宰)

        後半:対談/山本教行(岩井窯主宰)・柳新一(柳工業デザイン研究会理事長)
 
【日 時】 1月25日(土) 14:00~(13:30開場/約90分)
 
【会 場】 美術館ホール(190席)
 
 
 聴講無料   当日先着順 
     
04_記念講演会②「柳宗理―その格闘と神話」
     
【講 師】 森仁史(山鬼文庫代表、元金沢美術工芸大学柳宗理デザイン研究所所長)
 
【日 時】 3月8日(日) 14:00~(13:30開場/約90分)
 
【会 場】 美術館ホール(190席)
 

  要事前申込    参加無料 

05_デザイン演習「手から生まれるデザイン」     

柳宗理が大切にした「手で考える」デザインについて、主にキッチン関連用品を題

材に、模型や実作品に即しながら考える講座です。 
 
 
【講 師】 藤田光一(柳工業デザイン研究会デザイナー)
 
【日 時】 3月22日(日)14:00~17:00
 
【会 場】 美術館講義室 
 
【対 象】 中学生以上 
 
【定 員】 30名(※応募多数の場合は抽選) 
 
 
  要事前申込    参加無料 

06_ワークショップ「回る模様のモビール作り」     

電動轆轤(ろくろ)を使い、ぐるぐる回る紙の上に絵具を垂らして模様を描き、

モビールを作ります 。
 
 
【日 時】 2月23日(日)10:00~12:00
 
【会 場】 美術館アートスタジオ  
 
【対 象】 小学生以上 (※小学3年生以下は保護者同伴)
 
【定 員】 15名(※応募多数の場合は抽選) 

 
■■ お申込み方法について ■■ ※Eメールのみの受付です。

 件名に、05「手から生まれるデザイン」、06「回る模様のモビール作り」のイベント名を明記の上、

   ①氏名(ふりがな)・年齢、②住所、③電話番号を書き、

 下記申込先へお申込みください。

 【申込先】  sam@pref.shimane.lg.jp

 【申込締切】 05「手から生まれるデザイン」3月3日(火)

        06「回る模様のモビール作り」2月4日(火)

 【参加通知】 締切り後3日以内に返信をお送りいたします。
        
        ご応募の際は@pref.shimane.lg.jpを受信できるように設定をお願いいたします。

ーーーーー

※複数のイベントに申し込む場合は、1通にまとめず、それぞれメールをお送りください。

※お申込多数の場合は抽選となります。

※当選者の発表は、参加通知の送付をもってかえさせていただきます。

※定員に満たない場合は、締切日以降でもお申込みを受付ける場合がございます。

※お客様の個人情報は、当ワークショップの運営以外には利用いたしません。

 
 

 聴講無料   当日先着順 

07_美術講座「柳宗理と山陰」
     
【講 師】 河野克彦(当館専門学芸員、本展企画者)
 
【日 時】 3月15日(日)14:00~(13:30開場/約90分) 
      
【会 場】 美術館講義室(40席/当日先着順)
 
 

  要企画展観覧料 

08_ギャラリートーク 担当学芸員による作品解説
 
【日 時】 2月2日(日)、2月16日(日)、3月21日(土)

      各日14:00~
 
【会 場】 企画展示室  
 

 鑑賞無料   当日先着順 

09_美術館キネマ「兼子-Kaneko」(DVD上映/2015年/日本 80分/監督:渋谷昶子)

日本が世界に誇る声楽家・柳兼子のドキュメンタリー。

息子・柳宗理のインタビューも交え、

激動の歴史を生きた一人の女性の心の軌跡を描く。
 
 
【日  時】 1月26日(日) ①10:30~ ②14:00~(各回30分前開場)
 
【会  場】 美術館ホール(190席)
 

 参加無料 

10_《エレファントスツール》体験コーナー
 
【日 時】 本展会期中(※休館日を除く)
 
【会 場】 美術館カフェスペース
 

 全館無料 

11_ミュージアムフェスティバル2020 全館イベントデー 
     
【日 時】 3月1日(日) 10:00~18:33(閉館まで)
 
※当日は混雑が予想されますので、できるだけ公共交通機関のご利用をお願いいたします。
 


レストラン

本展会期中「おぼれバニラ」(バニラアイス+エスプレッソ)¥500(税別)を

柳宗理デザインの食器でご提供いたします。
     
 

お知らせ

ミュージアムショップ

本展限定商品をはじめ、カトラリーなど魅力的なグッズを取り揃えております。
ご観覧後に、是非、お立ち寄りください。

お得な割引券

プリントアウトして美術館総合受付までお持ちください。

> お得な割引券ダウンロード(PDF)