開館20周年記念展 黄昏の絵画たち 近代絵画に描かれた夕日・夕景

開館20周年記念展 黄昏の絵画たち 近代絵画に描かれた夕日・夕景
  • 概要
  • 主な出品作品
  • 関連イベント

概要

宍道湖畔から眺める夕日が
「日本の夕陽百選」にも選ばれている当館の開館20周年を記念して開催する本展では、
80作家約180点(会期中一部展示替えあり)の作品を通じて、
近代絵画に描かれた夕日・夕景表現の豊かな世界を紹介します。
会 期
2019年9月4日(水) ~ 11月4日(月・振休)※会期中一部展示替があります
開館時間
[9月] 10:00~日没後30分(展示室への入場は日没時刻まで)
[10月・11月] 10:00~18:30(展示室への入場は18:00まで)
休館日
火曜日(ただし10月22日は開館)
観覧料 当日券 前売券
企画展 企画展・コレクション展セット 企画展・コレクション展セット
一般 1,000(800)円 1,150(920)円 900円
大学生 600(450)円 700(530)円 ----
小中高生 300(250)円 300(250)円 ----

※ ( )内は20名以上の団体料金
※ 小中高生の学校教育活動での観覧は無料
※ 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、及びその付添の方は観覧無料
※ ミュージアム・パスポートでご覧いただけます
※ 前売券は、ローソン各店(Lコード61841)、チケットぴあ窓口(Pコード769-818)、セブンチケット及び、
  各プレイガイドにてお求めになれます(8/4~11/4まで販売)


主  催 :  島根県立美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会、BSS山陰放送、SPSしまね
協  賛 :  ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜
後  援 :  朝日新聞松江総局、毎日新聞松江支局、産經新聞松江支局、中国新聞社、山陰中央新報社、新日本海新聞社、島根日日新聞社、
      NHK松江放送局、TSK山陰中央テレビ、日本海テレビ、エフエム山陰、山陰ケーブルビジョン

◆毎週木曜日の午前中は「かぞくの時間」(こどもといっしょの鑑賞優先時間など)を実施しています。

> 展覧会チラシ(PDF)

主な出品作品

ジョン・コンスタブル《ハムステッド・ヒースの木立、日没》の作品画像   ジャン=フランソワ・ミレー《夕陽》の作品画像

ジョン・コンスタブル《ハムステッド・ヒースの木立、日没》
1821年、静岡県立美術館【展示期間】9/4-9/9

 

ジャン=フランソワ・ミレー《夕陽》
1867年頃、ひろしま美術館【後期展示】10/9-11/4

 

クロード・モネ《睡蓮》
1907年、和泉市久保惣記念美術館【前期展示】9/4-10/7

 

テオドール・ルソー《樫のある風景》の作品画像   アントニオ・フォンタネージ《沼の落日》の作品画像

テオドール・ルソー《樫のある風景》制作年不詳、山梨県立美術館
 

 

   アントニオ・フォンタネージ《沼の落日》1876-78年頃、三重県立美術館
 

クロード・モネ《サン=タドレスの海岸》1864年、栃木県立美術館

 
高橋由一《芝浦夕陽》の作品画像   菱田春草《暮色》の作品画像

高橋由一《芝浦夕陽》1877年、金刀比羅宮

和田英作《渡頭の夕暮》の作品画像

和田英作《渡頭の夕暮》1897年、東京藝術大学

   菱田春草《暮色》1901年、京都国立博物館
  【展示期間】9/4-9/16
 

 

川瀬巴水《東京十二題 木場の夕暮》
1920年、島根県立美術館【前期展示】9/4-10/7
 


萬鉄五郎《太陽の麦畑》1913年頃、東京国立近代美術館  

 

関連イベント

 聴講無料   当日先着順 

記念講演会「黄昏と曙:絵画に描かれた太陽と月」
     
【講 師】 藤田治彦(神戸芸術工科大学教授/大阪大学名誉教授)
 
【日 時】 9月8日(日) 14:00~(13:30開場/約90分)
 
【会 場】 美術館ホール(190席)
 

  要企画展観覧料 

ギャラリートーク
 
【日 時】 9月7日(土)・9月28日(土)・10月12日(土)

      各日14:00~(60分)
 
【会 場】 企画展示室  
 

  要企画展観覧料 

サンセットギャラリートーク
 
【日 時】 9月20日(金)・10月4日(金)

      各日16:00~(60分)
 
【会 場】 企画展示室  
 

 聴講無料   当日先着順 

連続美術講座「黄昏の絵画たち」
     
【講 師】 柳原一徳(当館専門学芸員/本展企画者)
 
【日 時】 〔西洋篇〕9月23日(月・祝)、〔日本篇〕10月19日(土)

         各日14:00~(13:30開場/90分) 
 
【会 場】 美術館ホール(190席)
 
 


名画と旅する紅茶

展示作品にちなんだ世界各国の紅茶を楽しめるブースが登場します。古今東西の

巨匠たちの名画とあわせて、2日間だけの特別なティータイムをお楽しみください。 
     
 
【日 時】 9月28日(土)、9月29日(日) 13:00~15:00
 
【会 場】 カフェスペース
 
【協 力】 紅茶専門店パンジェンシー
 

 参加無料   当日先着順 

夕日色を科学する

目を奪われるような夕日の色、光、その美しさの秘密に科学的な目線で迫ります。

光の実験を実演するほか、光に関係する簡単な工作も体験できます。

 
【講 師】 日野武志(出雲科学館 講師)
 
【日 時】 10月12日(土)①10:30~ ②15:30~ (各回30分前開場/90分)
  
【会 場】 美術館講義室(各回30名)
              
【対 象】 小学生以上(※小学3年生以下は保護者同伴)
 
【協 力】 出雲科学館
 

 鑑賞無料   当日先着順 

美術館キネマ①「父と娘」(2000年/イギリス・オランダ/上映時間8分)

マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督による、8分間の映像作品。

シンプルで美しい映像で綴られる父親と娘の物語です。2001年米国アカデミー賞

短編アニメーション賞をはじめ、数々の映画賞を受賞。2004年の日本での公開時の

邦題は「岸辺のふたり」(原題 Father and Daughter )。

夕暮れの描写が印象的な本作を、企画展「黄昏の絵画たち」とあわせてお楽しみください。
 
 
【日  時】 9月16日(月・祝)

       ①10:30~ ②11:30~ ③13:30~ ④14:30~(各回30分前開場)
 
【会  場】 美術館ホール(190席)
 
【あらすじ】

幼い娘を置いて、岸辺からボートに乗って行ってしまったまま戻ることはなかった父。

遠い日の父の面影を求めて、娘は父と最後に別れた場所である岸辺を訪れ続ける。

少女から大人へ、そこはまた彼女の成長を記す場所でもあった。 繰り返される四季。

移り変わる自然。 それでも変わらず、娘は岸辺に立ち止まり、父を想う。

そうして時は過ぎ、そのひたむきな強い想いはある奇跡を起こす__ 。
 
父と娘-©2000-–-Cloudrunner-Ltd-and-CinéTé-Filmproduktie-bv_s.jpg
父と娘 
©2000 – Cloudrunner Ltd and CinéTé Filmproduktie bv
 

美術館キネマ②「風と共に去りぬ」(1939年/アメリカ/日本語吹替/上映時間3時間32分)
 
【日 時】 9月22日(日) 第一部 10:30~ 第二部 13:00~(30分前開場)

      ※第一部と第二部の間に休憩をはさむ予定です
 
【会 場】 美術館ホール(190席)
 

 要事前申込   参加無料 

ワークショップA 夕日色のバスボムをつくろう
バスボム_イメージ画像
    
夕日色ってどんな色?

オレンジや黄色、水色、カラフルな材料を使ってバスボム(入浴剤)を作ります。
    
 
【日 時】 9月14日(土)  ①10:30~ ②14:00~(各回90分)
 
【会 場】 アートスタジオ
          
【対 象】 小学生以上(※小学3年生以下は保護者同伴)
          
【定 員】 各回20名(※応募者多数の場合は抽選)
 

 

ワークショップB 夕日を描こう!クレヨンワークショップ
20190915kurepasu.jpg
    
クレヨンで思い出の景色を絵にしてみませんか?絵を描くのが苦手な方、初めての方

でも大丈夫です。一緒にクレヨン画を楽しみましょう。
    
 
          
【講 師】 吉田瑠美(クレヨン画家・絵本作家)
 
【日 時】 9月15日(日)  ①10:00~ ②13:30~(各回120分)
 
【会 場】 アートスタジオ
         
【対 象】 5歳以上(※小学3年生以下は保護者同伴)          
          
【定 員】 各回20名(※応募者多数の場合は抽選)
 
 
 ※右作品:吉田瑠美《sunset》2018年クレヨン・板

 

ワークショップC 光のさざなみをつくろう
    
鏡の反射を利用して、光をつないで遊びます。みんなで光を集めて、その時限りの特別

なキラキラ輝く光のさざなみを作ります。
    
 
【日 時】 10月5日(土)  10:30~(90分)
 
【会 場】 美術館ロビー
         
【対 象】 小学生以上(※小学3年生以下は保護者同伴)          
          
【定 員】 各回20名(※応募者多数の場合は抽選)



 
【各ワークショップのお申込み方法について】 ※Eメールのみの受付です。

 件名にA~Cのイベント名を明記の上、

   ①氏名(ふりがな)・年齢、②郵便番号・住所、③電話番号、

 ④希望回(第2希望まで可)を書き、下記申込先へお申込みください。


 【申込先】  sam@pref.shimane.lg.jp

 【申込締切】 A 8月27日(火) B 8月28日(水) C 9月17日(火)

 【参加通知】 締切り後3日以内に返信をお送りいたします。
        
        ご応募の際は@pref.shimane.lg.jpを受信できるように設定をお願いいたします。

ーーーーー

※お申込多数の場合は抽選となります。

※当選者の発表は、参加通知の送付をもってかえさせていただきます。

※定員に満たない場合は、締切日以降でもお申込みを受付ける場合がございます。

※お客様の個人情報は、当ワークショップの運営以外には利用いたしません。

 

 参加無料 

サンセットロビーコンサート
201910サンセットロビーコンサート画像
     
【日 時】 10月13日(日) 16:00~(約40分)
 
【出 演】 JazzPopBand B.G.M.
 
【会 場】 美術館ロビー
 
【プロフィール】

Jazzとpopsを融合させたバンドです。島根県は雲南市、松江市、鳥取県は湯梨浜町から
              
メンバーが集まり、各種イベント会場に合わせた音楽を届けています。少人数編成での
              
アコースティック演奏も管弦セクションとリズムセクションのフルメンバーでのダイナ
              
ミックな演奏も好評です。毎年夏に玉造温泉街で企画される「タマステージ」や、エコロ
              
ジーマーケット「ベジマート」などに出演。V-airエフエム山陰が行なっている
              
アマチュアバンドグランプリでは、2017年の「あまばん12 」大会でファイナリスト6団体
              
の中に入りました。
 
 


サンセットプレゼント
サンセットプレゼント_イメージ画像

16:00以降ご観覧の方にオリジナルノートをプレゼントいたします。
     
 

参加しよう!

あなたの夕日写真に「#黄昏の写真たち」を付けてInstagramに投稿してください。

※投稿写真は美術館SNS等でご紹介する場合があります。 
     
 
     

黄昏365

美術館スタッフが毎日撮影した夕日写真をロビーにて紹介します。
     
 
              

レストラン

宍道湖夕日カクテル、宍道湖夕日ドリンク提供。