第63回 日本伝統工芸展

第63回 日本伝統工芸展
  • 概要
  • 主な出品作品
  • 関連イベント
  • お客さまの声

概要

日本伝統工芸展は工芸界最大規模の公募展で、優れた工芸技術の保護育成を目的に、昭和29年以来毎年開催されてきました。陶芸・染織・漆芸・金工・木竹工・人形・諸工芸の7部門で厳正な審査により選び抜かれた作品が、全国12会場で展覧されます。今年で15回目を迎える松江展では、入選作全627点の中から、重要無形文化財保持者(人間国宝)の作品46点をはじめ、受賞作16点、地元山陰在住作家の入選作7点を含む282点を展示いたします。
全国で活躍する現代の工芸家たちの最新作が一堂にご覧いただける機会です。唯一の美を求めて生み出された珠玉の工芸作品をぜひご覧ください。
会 期
2016年12月7日(水) ~ 12月25日(日)
開館時間
10:00~18:30(展示室への入場は18:00まで)
休館日
会期中無休

 

観覧料 当日券 前売券
企画展 企画展・コレクション展セット 企画展
一般 600(480)円 750(600)円 500円(日本伝統工芸展のみ)
大学生 400(320)円 500(400)円 ----
小中高生 無 料 無 料 ----

 高校生以下の観覧は無料です

※( )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、及びその付添の方は観覧無料
※前売券は、ローソン各店( L コード63711)、チケットぴあ窓口(Pコード767-900)、JRの主な駅、主な旅行会社など、
 各プレイガイドにてお求めになれます(10/17 発売)
ミュージアム・パスポートでご覧いただけます

◆毎週木曜日の午前中は「かぞくの時間」(こどもといっしょの鑑賞優先時間など)を実施しています。

主  催:島根県、島根県立美術館、島根県教育委員会、公益財団法人しまね文化振興財団
     NHK松江放送局、朝日新聞社、山陰中央新報社、公益社団法人日本工芸会、SPSしまね  
後  援:鳥取県、鳥取県教育委員会、公益財団法人しまね産業振興財団

63_denko_bunka.jpg 63_denko_kuu.jpg

> 展覧会チラシ(PDF)

主な出品作品

 

63_denko_work_0.jpg
高松宮記念賞 【諸工芸】省胎七宝鉢「蒼海」 松本三千子〈松江市〉

 

         
63_denko_work_2.jpg   63_denko_work_3.jpg  

63_denko_work_4.jpg

日本工芸会総裁賞【木竹工】蠟引楓造象嵌飾箱 丸山浩明   日本工芸会会長賞 【金工】鍛矧合壺「線」 萩野紀子   東京都知事賞 【人形】桐塑紙貼「船出」 杉浦美智子
             
             
             
63_denko_work_5.jpg       63_denko_work_6.jpg   63_denko_work_9.jpg
朝日新聞社賞【陶芸】彩釉器 田島正仁       日本工芸会奨励賞 【漆芸】乾漆蓋物「ふたひら」 築地久弥   日本工芸会保持者賞【漆芸】蒔絵箱「夜景」 寺西松太
         
         
         
63_denko_work_10.jpg   63_denko_work_11.jpg   63_denko_work_12.jpg
【諸工芸】有線七宝蓋物「花冷え」 橋詰峯子〈鳥取市〉   【陶芸】縹繧矢羽根文壺 内田和秀〈松江市〉   【陶芸】瑠璃釉壺 森 和之〈鳥取市〉
           
     
63_denko_work_7.jpg   63_denko_work_8.jpg
【木竹工】欅拭漆波濤紋飾棚 宮本貞治   【人形】木彫布貼「円」 玉置光子
             
         

 

関連イベント

 
 聴講無料   当日先着順 

記念講演会 『私の「染・織」の道 ―美しさを求め 流れのままに―』

 
【講 師】 土屋順紀[染織家・重要無形文化財「紋紗」保持者(人間国宝)]
 
【日 時】 12月11日(日)13:30 ~(13:00開場/約1時間)
 
【会 場】 美術館ホール(190席)


【講師紹介】
 
 昭和29年岐阜県生まれ。京都の専門学校卒業後、志村ふくみに師事。昭和56年に岐阜県関市に
 
 工房を設立し独立。北村武資に学んだ伝統の紋紗(もんしゃ・軽く薄い紗地に平織で紋様を
 
 織り出した織物)に植物染めと絣の技法を融合させた独自の織物を創作。
 
 平成22年重要無形文化財「紋紗」保持者(人間国宝)認定。
 
63_denko_work_13.jpg
  【染織】紋紗着物「晃」 土屋順紀(人間国宝)

 


 要企画展観覧料 

ギャラリートーク


出品作家による各部門の展示作品解説を行います。

 
【日時・講師】

 ①12月10日(土)     【人形】  玉置光子[ 本年度第一次・第二次鑑査委員、審査委員]

 ②12月11日(日)     【染織】  土屋順紀[人間国宝、本年度第一次鑑査委員]

 ③12月17日(土)     【陶芸】  内田和秀[日本工芸会準会員]〈松江市〉

 ④12月18日(日)     【漆芸】  寺西松太[本年度第一次鑑査委員]

 ⑤12月23日(金・祝) 【木竹工】 宮本貞治[本年度第一次鑑査委員]

 ⑥12月24日(土)     【諸工芸】 松本三千子[日本工芸会正会員]〈松江市〉


【時 間】 各日14:00~

     ※ただし、11日は同日ホールにて開催の記念講演会(13:30から約1時間)終了後に行います

【会 場】 企画展示室
 

 要事前申込 

作家の器で楽しむ 山陰の地酒と食の贅沢夜会


日本伝統工芸展の開催を記念して、山陰の伝統工芸展作家による日常用の陶芸の器を使って山陰の地酒と食事を楽しみ、

工芸の魅力を贅沢に味わっていただくイベントです。器、食、酒、場所にこだわって、この日のためにアレンジしました。

     進 行:石原美和(フリーアナウンサー・きき酒師)

     ゲスト:内田和秀(陶芸家・本展出品者)

     ・石原さんによる、地酒の紹介

     ・学芸員による、作家と器についての紹介

     ・内田さんによる、器と伝統工芸展出品作についてのコメント


【日 時】 12月4日(日) 18:00~(約2時間)

【会 場】 蓬莱吉日庵(松江市殿町101番地)

【会 費】 5,000円(懐石点心風料理、日本酒)

【定 員】 15名 ※20歳以上限定

【出品作家】  内田和秀〈松江市〉、森  和之〈鳥取市〉、目次潤平〈松江市〉、山本将之〈松江市〉


63_denko_miwa_ishihara.jpg   63_denko_kazuhide_uchida.jpg
石原美和(フリーアナウンサー・きき酒師)   内田和秀(陶芸家・本展出品者)

63_denko_hourai.jpg
蓬莱吉日庵

 
■申込方法

 ※Eメールのみの受付です。

 件名に「贅沢夜会」と明記し、下記の必要事項をお書きの上、Eメールにてお申し込みください。

 ①お名前(ふりがな)と年齢 ※同時に3名までお申し込み可(全員分記入のこと)。

 ②住所 

 ③電話番号


 【申込先】 島根県立美術館「贅沢夜会」係  sam@pref.shimane.lg.jp

 【申込締切】 11月15日(火) ※受付は終了しました

        ※申込多数の場合は抽選となります。

        ※結果は11月18日(金)までに返信いたします。

  ※定員に満たない場合は、締切日以降でもお申込みを受付ける場合がございます。

  ※お客様の個人情報は、当イベント運営上の目的以外には利用いたしません。

  ※当日は報道機関による取材が入る可能性がございます。予めご了承ください。
 

お客さまの声

展覧会へお寄せいただいたアンケートの中から、一部ではありますがお客様の声をお届けします。 



■ 今年の日本伝統工芸展は、去年までよりさらに素晴らしい展覧会でした。

  特に、松本三千子氏の省胎七宝鉢「蒼海」が高松宮記念賞を受賞したというのが、島根県民の私も

  とても嬉しいことだと思います。改めて、受賞おめでとうございます。(出雲市・43歳・女性)   NEW 


■ 素晴らしい作品でした。松本三千子氏のご健闘を祈ります。(松江市・74歳・女性)   NEW 


■ 鹿児島からの観光中に、たいへん良いものに出会えて、思い出を作ることができました。

  友達にも話をして、伝えます。(鹿児島県・56歳・女性)  NEW 


■ 「日本伝統工芸展」は色んな作品を一度に見られるのでいつも楽しみにしています。

  今年は斬新な作品が多いように思いました。(安来市・39歳・女性)  NEW 


■ 「日本伝統工芸展」には毎年来るが、その度に技術の素晴らしさ、発想~デザインの妙に感動を受け、

  刺激となる。(松江市・66歳・女性)   NEW 


■ いやいやすばらしい。きれいにつくっておられる。(鳥取県・67歳・男性)   NEW 
 

■ 松江出身の方が賞をとられて、その方の別の作品も展示されていて良かったと思います。(松江市・65歳・女性)   NEW 


■ 作品の並べ方がとても見やすかった。(松江市・女性)   NEW 


■ 日本伝統工芸展、人形、諸工芸などすばらしかったです。(松江市・64歳・男性)  


■ 今回、織物の作品の数々を拝見し、着物や帯の色彩や細い織物技術を知ることができ、

  楽しいひと時となりました。(出雲市・69歳・女性)


■ 日本伝統工芸展、人形、諸工芸などすばらしかったです。(松江市・64歳・男性)


 陶芸、木工など、すばらしい作品を見て感銘しました。(松江市・32歳・男性)


■ 昨年も来ました。人形が良いです。(鳥取県・58歳・男性)