ポーラ美術館コレクション ―モネからピカソ、シャガールへ

ポーラ美術館コレクション ―モネからピカソ、シャガールへ
  • 概要
  • 主な出品作品
  • 関連イベント
  • お知らせ
  • お客さまの声

概要

2002年に箱根に開館したポーラ美術館は国内屈指の充実した西洋絵画コレクションを誇る美術館です。本展ではそのコレクションのなかから、印象派のモネ、ルノワールをはじめ、ポスト印象派のセザンヌ、ゴッホ、そして20世紀絵画を代表するピカソ、シャガールまで、19世紀後半から20世紀前半の西洋近代美術史を語るうえで最も重要な作家たちの選りすぐりの作品71点を紹介します。西洋近代絵画のドラマチックな展開をお楽しみください。
会 期
2016年4月15日(金) ~ 6月20日(月)
開館時間
10:00~日没後30分(展示室への入場は日没時刻まで)
休館日
火曜日(ただし5月3日は開館)
観覧料 当日券 前売券
企画展 企画展・コレクション展セット 企画展・コレクション展セット
一般 1,000(800)円 1,150(920)円 900円
大学生 600(450)円 700(530)円 ----
小中高生 300(250)円 300(250)円 ----

※( )内は20名以上の団体料金
※小中高生の学校教育活動での観覧は無料
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、及びその付添の方は観覧無料

※前売券は、ローソン各店( L コード64887)、チケットぴあ窓口(Pコード767-289)、JRの主な駅、主な旅行会社など、各プレイガイドにて
 お求めになれます(2/10発売)

ミュージアム・パスポートでご覧いただけます

  • ◆毎週木曜日の午前中は「かぞくの時間」(こどもといっしょの鑑賞優先時間など)を実施しています。
  •  

    主  催 : 島根県立美術館、山陰中央新報社、BSS山陰放送、公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館、 SPSしまね
    特別協賛 : JAしまね( JAしまね一周年記念協賛事業)
    後  援 : 朝日新聞松江総局、毎日新聞松江支局、読売新聞松江支局、産經新聞松江支局、日本経済新聞社松江支局
           中国新聞社、
    新日本海新聞社、島根日日新聞社、N H K 松江放送局、T S K 山陰中央テレビ、日本海テレビ
           エフエム山陰、山陰ケーブルビジョン
    監  修 : 木島俊介(ポーラ美術館 館長)
    協  力 : 日本通運
    企画制作 : TBSテレビ
    企画協力 : テモアン

     

> 展覧会チラシ(PDF)

主な出品作品

pola_work_1.jpg  

 

pola_work_2.jpg
クロード・モネ
《睡蓮》 1907年
  クロード・モネ
《セーヌ河の日没、冬》 1880年
         
         
         
pola_work_4.jpg   pola_work_3.jpg   pola_work_5.jpg
ポール・セザンヌ
《プロヴァンスの風景 》 1879-82年
  ピエール・オーギュスト・ルノワール
《水のなかの裸婦》 1888年
  フィンセント・ファン・ゴッホ
《ヴィゲラ運河にかかるグレーズ橋》 1888年
         
         
         
pola_work_6.jpg   pola_work_7.jpg   pola_work_8.jpg
オディロン・ルドン
《日本風の花瓶》 1908年
  パブロ・ピカソ
《花束を持つピエロに扮したパウロ》 1929年
ⓒ2016 - Succession Pablo Picasso - SPDA(JAPAN)
  マルク・シャガール
《オペラ座の人々》 1968-71年
ⓒADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2016, Chagall® E1984
         

 

関連イベント

 
 要企画展観覧料   当日先着順 

開幕記念先着プレゼント!
 

【日 時】 4月15日(金)~ 4月28日(木)

      〔19日(火)・26日(火)の休館日をのぞく12日間〕
 
 
【対 象】 企画展「ポーラ美術館コレクション」をご覧いただいた方 各日先着50名
 
【場 所】 企画展示室入口

pre.jpg
オリジナルあぶらとり紙


 聴講無料   当日先着順 

記念講演会 「光彩の画家・陰翳の画家―1900年前後のフランス美術」
 

【講 師】 木島俊介氏(本展監修者、ポーラ美術館 館長)
 
【日 時】 4月16日(土) 14:00~(13:30開場/約1時間30分)
 
【会 場】 美術館ホール(190席)
 

 参加無料   受付終了 

ワークショップ 「水の輪・光の輪」


モネの絵の色彩を使って、宍道湖の水の色や水面に映る雲を、大きな紙に全員で描きます。

できた絵で色々な大きさの輪を作り、波紋のように重ねて展示します。


【講 師】 松尾真由美氏(アーティスト)
 
【日 時】 5月29日(日) 13:30~15:30

【会 場】 美術館アートスタジオ
 
【対 象】 小学生以上(小学校3年生以下は保護者同伴)

【定 員】 20名

work.jpg
イメージ


  ■申込方法 

    ※Eメールのみの受付です。

  件名にイベント名「ワークショップ水の輪・光の輪」と明記の上、

  ①お名前(ふりがな) ②年齢  ③電話番号を書き、下記申込先へお申し込みください。

 
  【申込先】  sam@pref.shimane.lg.jp

  【申込締切】 5月11日(水) 結果は5月13日(金)頃返信いたします。
 
         定員に若干の余裕がございますため、締切を延長しております。

         ※受付は終了いたしました
 

  ※お客様の個人情報は、当ワークショップ運営上の目的以外には利用いたしません。
 

 参加無料 

ミュージアムフェスティバル2016
 

企画展「ポーラ美術館コレクション ―モネからピカソ、シャガールへ」を無料でご覧いただけるほか、

館内のいたるところで楽しいイベントを行います。

ぜひ皆様お揃いでご来館ください!


【日 時】 5月15日(日) 10:00~19:36(日没後30分)


イベントスケジュールなど詳しくはこちらをご覧ください

 
 イベントチラシ 
 
201605_museumfestival.jpg

画像クリックでダウンロードできます(PDF)
 

 要企画展観覧料 

ギャラリートーク(担当学芸員による作品解説)
 

【日 時】 4月23日(土)、5月8日(日)、5月21日(土)、6月12日(日)  各日14:00~
 
【会 場】 企画展示室
 

 要企画展観覧料 

サンセットギャラリートーク(夕方行う作品解説)
 

【日 時】 6月3日(金)、6月10日(金)  各日18:00~
 
【会 場】 企画展示室


お知らせ

島根フランス☆グルメユニオン × ポーラ美術館コレクション展 特別企画


島根フランス☆グルメユニオンでは、ポーラ美術館コレクション展特別企画として、

ご来店頂き観覧券を提示されたお客様に『おもてなしサービス』をご用意しています。


※島根フランス☆グルメユニオンは、島根で行われるフランス関連活動を『おもてなしサービス』で応援するグループです。

 詳しくはこちらをご覧ください(チラシPDF)


お客さまの声

展覧会へお寄せいただいたアンケートの中から、一部ではありますがお客様の声をお届けします。 
 


■ 本日6回目。なごりおしく最後に来た。終わるのがもったいない。モネ、シャガールが特に好き。

  (鳥取県・54歳・男性)   NEW 


■ 印象派の画家がとても好きだったので、今回はすごく楽しむことができました。ありがとうございました。

  (安来市・24歳・男性)   NEW 


■ 多くの著名画家の作品を見れて良かった。(鳥取県・24歳・男性)   NEW 


■ 松江の街に合った作品と展示の流れでよかったです。(松江市・47歳・女性)   NEW 


■ 久々にフランス絵画に浸りきって、至福の時を過ごしました。同じ画家でも作風の振れ幅が大きいのが面白いです。

  (松江市・46歳・男性)   NEW 


■ 世界で有名な作品をじかに見ることができた。とてもうれしかった。(出雲市・65歳・女性)   NEW 


■ 第1章から第5章までの区分の解説がすばらしく、作品の理解が深まった!(広島県・73歳・男性)   NEW 


■ ポーラ美術館に行きそびれていたので、待ってましたと広島から来ました。企画うれしく思います。(広島県・70歳・女性)   NEW 


■ モネが大好きで見に来たが、今回の展示で初めて見る絵や画家の作品があり、好きな作品がまた増えて嬉しかった。

  (斐川町・27歳・女性)   NEW 


■ 印象派の色々な作品を見て感銘しました。ピカソも良かったです。(松江市・男性)


■ 島根にいながらにしてヨーロッパの風景の空気を感じとることができ、とても良かったです。(安来市・23歳・女性)


■ すごい絵ばかりで圧倒されました。(松江市・42歳・女性)


■ こんな世界的に有名な画家の作品がすぐ間近に、ポーラ美術館まで出向かなくても鑑賞できたということが、

  すごく贅沢で夢のような時間でした。島根県立美術館、すごい!(松江市・57歳・女性)


■ モネ、ピカソ、シャガール、ルノワール、ゴーガン、ゴッホ、セザンヌ等、美術で知った人々、

  超有名な人達でも、意外に思える描き方をされていて、おどろいたりした。 やっと来て、満足です。

  (大田市・63歳・女性)


■ 本物の絵画に接することが出来てとてもうれしい。(鳥取県・72歳・女性)


■ シャガールが見たかったので、良い機会だった。(愛知県・62歳・男性)


■ 有名な絵画の実物を見られて良かった。写真やテレビとは迫力が違った。(鳥取県・51歳・男性)


 すばらしいコレクションが見られて、とても嬉しいです。ありがとうございました。(石川県・59歳・女性)


 子供のワークシート(※)が良かったです。絵に興味を持ちながら鑑賞してくれました。また、子供連れで来ることに

  躊躇しますが、このワークシートのおかげで周りの目を気にせず鑑賞することができました。(出雲市・37歳・女性)

  (※)・・・会場で配布している子供向けワークシート型鑑賞ガイド


 風景画でも、画家によってタッチや色彩はまったく別のものなので、そこにある景色とひとりひとりの目にうつる風景は

  それぞれ違うんだなと感じました。(出雲市・15歳) 


 年代別に飾ってあってよかった。キャプションの記載が詳しくて、知らない画家のことがよく分かって絵を見る時に想像しながら見れて

  よかったです。(東京都・26歳・女性)

 
 良かった。ゆったりと時間をすごせた。(松江市・57歳・女性)
 
 
 かわいい色使いの絵がたくさんあってよかった。(松江市・18歳・女性)
 

 すばらしい。この一言につきます。(鳥取県・25歳・男性)


 世代をこえて印象派の作品を見て感銘しました。ピカソも良かったです。(松江市・32歳・男性)


 美術の教科書越しでしか見たことない絵の本物が見れてよかった。

  まとまると強烈な印象を与えるものがなにげない点や線の集まりから成るものなんだと思ったけどそれも作者の計算のもとなのかしら?

  本人のイメージのかたまりなのか、偶然の集まり?本人にしかわからないですね。(松江市・38歳・女性)


 いろいろな画家の作品が見れて良かった。(61歳・女性)

 
 すてきな絵やかわった絵などがたくさんあって、見ていてたのしかったです。(松江市・9歳)
 
 
 風景画がたくさんあってよかったです。おもしろい画もあってよかったです。(出雲市・9歳)


 通常なかなか目にする機会がないのでとてもよかった。(松江市・75歳・女性)
 

 有名な画家の作品は初めて見ました。とてもすばらしい作品ばかりで、よかったです。(出雲市・16歳) 


 美の巨人達の時代を作っていく様子を楽しみました。ありがとうございます。(鳥取県・56歳・男性) 


 すっきりとまとめられていて見やすかった。ポーラ美術館にも行ってみたくなった。(大阪府・30歳・女性)


 ピカソやモネ、シャガールの絵がとてもすごかったです。あと、ゴッホやムンクなど、有名な人の名前があり、すごく感動しました。

 (浜田市・14歳)

 
 年代別にまとめられていて、頭が整理しやすかった。クールベの絵、やはり本で見るのと実物では印象がちがう。心ひかれた。

 (鳥取県・59歳・女性) 
 
 
 シャガール、よかったです。また来たくなります。(広島県・59歳・女性)


モネ、ピカソ、シャガールの他にもルドン、アンリ、シニャックなど良い作品があり、良かった。(兵庫県・27歳)
 
 
クロード・モネ 《ジヴェルニーの積みわら》を観賞して、空のタッチとわらの存在感がとてもマッチしていたと思いました。
 
   (江津市・23歳・男性)
 
 
画家それぞれに多様な作風の絵が揃っている。ゴーガン、ピカソ、シスレー、マルケ、ブラックなど。振れ幅の大きさがおもしろい。
 
   (松江市・46歳・男性)
 
 
松江で素晴らしい絵画をみられてうれしいです。(松江市・39歳・女性)
 
 
今回の企画展は本当に豪華で驚きました。どれも素敵でした。大満足です!(松江市・13歳)
 
 
素敵な場所にこれてよかったです。ありがとうございました。(鳥取県・49歳・男性)
 
 
お蔭様でモネの睡蓮を鑑賞できました。ありがとうございました。(松江市・68歳・男性)
 
 
色々な大作を間近に見る事ができ大変よかったです。(神奈川県・55歳・女性)
 
 
ひとつの作品が完成するまで画家はどのような胸中なのか。そしてその変化が一堂に拝見できる。
 
  興味が尽きませんでした。「どうしてこうなるのかしらん?」と探りたいものばかりでした。(松江市・64歳・女性)
 
 
フランスの革命時代以後のフランス人の心の動きがわかるような気がした。(奥出雲町・77歳・男性)
 
 
一堂に集まっている大家の作品を初めて見ることができて大変良かった。これらの作品が日本にあることに感動しました。
 
  (鳥取県・75歳・女性)
 
 
ポーラはすばらしい!このような企画展、次回も楽しみにしています。(松江市・60歳・男性)
 
 
ポーラ美術館に行くのは大変なので、ありがたかった!!(鳥取県・63歳・男性)
 
 
すばらしい絵画を目にすることができ、とても幸福な時間が過ごせました。ありがとうございました。(松江市・57歳・女性)
 
 
印象派の画家ひとりひとりの息づかいが作品の中で感じることができ、ありがたく思えました。(松江市・62歳・女性)
 
 
いろいろな絵があっておもしろかったです。また来たいです。(鳥取県・11歳)
 
 
モネ、ピカソ、シャガールの絵画は普段目にする事が多いですが、やはり実物の美しさは圧巻でした。
 
  期間中にできるだけ多く足を運びます!!(出雲市・37歳・女性)