1室 日本画

展示中

日本画優品選「四季を愉しむ ―春~初夏」

4月19日(水)~6月5日(月)

咲き誇る牡丹や行楽の風景……。春から初夏の季節感を表現した作品を中心に展示します。

石本 正《牡丹》 1989(平成元)年

石本 正《牡丹》 1989(平成元)年

次回展示

日本画優品選「四季を愉しむ 」

6月7日(水)~7月24日(月)

次回展示

文人画特集

7月26日(水)~9月4日(月)


 

1室 洋画

展示中

Still life 静物画の魅力

3月29日(水)~7月24日(月)

当館洋画コレクションに収められた静物画を特集して展示。和田英作、小出楢重、中川一政、里見勝蔵、小泉清などの作品を通じて、英語で Still life(動かざる生命)と呼ばれるこのジャンルの奥深い魅力を紹介します。

◆ギャラリートーク 4月29日(土・祝) 14:00~

小出楢重《卓上の薔薇》 1927(昭和2)年

小出楢重《卓上の薔薇》 1927(昭和2)年

次回展示

しまびの名品でたどる 日本洋画の流れ

7月26日(水)~11月27日(月)



 

1室 西洋絵画

展示中

「写実」をめぐって

3月29日(水)~7月24日(月)

バルビゾン派のコローを始め、「写実主義」を唱えたクールベ、印象派のモネ、そしてコランら保守派であるアカデミズム画家たちなど、19世紀フランスのさまざまな傾向の画家たちの作品に現れた「写実」をお楽しみください。

◆ギャラリートーク 6月17日(土) 14:00~



 

学芸員の一押し

ギュスターヴ・クールベ 《波》

1869年

フランスの写実主義絵画を代表する画家クールベが、嵐で荒れる海と波を力強い筆致で描いた作品。場所はフランスの北西部ノルマンディー地方のエトルタの海岸です。エトルタの断崖と砂浜の景観は、当時の画家たちを引きつけました。クールベはここで印象派の画家モネとも出会っています。
こうした人間の力を超えた自然の力強さをたびたび描いたクールベの絵画には、自然から学び、現実を見たままに再現しようという意志が込められています。

ラファエル・コラン《エリーズ嬢の肖像》 1885年

ラファエル・コラン《エリーズ嬢の肖像》 1885年

次回展示

水辺の風景

7月26日(水)~11月27日(月)


 

2室 版画

展示中

浮世絵のユーモア

4月26日(水)~6月5日(月)

日々の暮らしや旅先でのコミカルな光景、略筆による戯画、漫画のようなセリフ付きの春画、珍しい道中双六など、江戸庶民が楽しんでいた、ちょっとクスリとさせられるユーモラスな浮世絵をご紹介します。

◆ギャラリートーク 6月4日(日) 14:00~

歌川広重《東海道五拾三次之内 四日市 三重川》 1833(天保4)年頃

歌川広重《東海道五拾三次之内 四日市 三重川》 1833(天保4)年頃

次回展示

北斎 ―揃物の変奏

6月7日(水)~7月17日(月・祝)

◆ギャラリートーク 7月1日(土) 14:00~
 

次回展示

浮世絵人物百科 ―美人・英雄・外国人

7月19日(水)~8月21日(月)


 

3室 工芸

展示中

原清の陶芸

4月12日(水)~6月12日(月)

原清は、島根県簸川郡(現・出雲市)生まれの陶芸家。1958年に第5回日本伝統工芸展へ初入選して以来、同展を舞台に活躍します。その後、「鉄釉陶器」の技法で重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。本展で原の豊かな陶芸世界をご鑑賞ください。

原清《鉄釉馬文大壺》 1987年

原清《鉄釉馬文大壺》 1987年

次回展示

受贈記念 舩木倭帆のガラス

6月14日(水)~9月18日(月・祝)

舩木倭帆《双飾耳花瓶》 <br/>1987-2012(昭和62-平成24)年頃

舩木倭帆《双飾耳花瓶》
1987-2012(昭和62-平成24)年頃

4室 写真

展示中

杉本博司

5月18日(木)~7月31日(月)

◆ギャラリートーク 7月30日(日) 15:00~

 

杉本博司《日本海、隠岐 〈海景〉より》 1987年<br/>ゼラチン・シルヴァー・プリント

杉本博司《日本海、隠岐 〈海景〉より》 1987年
ゼラチン・シルヴァー・プリント

5室 彫刻・小企画

展示中

没後50年 内藤伸の木彫を中心に

5月18日(木)~9月7日(木)

◆ギャラリートーク 5月21日(日) 14:00~

学芸員の一押し

内藤伸《獅子》

1921(大正10)年

島根県飯石郡吉田村(現・雲南市)に生まれた内藤伸は、古典彫刻の再生を目指して研究と制作を行い、米原雲海らとともに近代木彫の黄金期を築きました。
4本の足を堂々と踏ん張り、首を高く伸ばした本作《獅子》の力強い姿は、気合を込めてぐいぐいと刀を進め、作品に生気を与える一種の荒彫り技法である「気刀彫り」という内藤独自の刀法で制作されています。
常に木彫界のリーダーとして大きな足跡を残し、多くの後進も育成しました。本展では、内藤に師事した安達貫一、木村威夫、西田明史らの作品もあわせてご紹介します。