水野美術館コレクション展 日本画の美

水野美術館コレクション展 日本画の美
  • 概要
  • 主な出品作品
  • 関連イベント
  • お知らせ
  • お客さまの声

概要

水野美術館は長野市に建つ日本画を専門とする美術館です。美術を愛したコレクター故 水野正幸氏は、日本画の醸し出す
奥深い世界に魅せられ、長野県出身作家の蒐集にも力を入れました。
横山大観、菱田春草を中心とした初期日本美術院系作家、また美人画の上村松園や戦後活躍した杉山寧や平山郁夫ら
文化勲章受賞作家の大作にまで及び、幅広く日本画の魅力を伝える内容です。
会 期
2018年7月20日(金) ~ 9月10日(月)
開館時間
10:00~日没後30分(展示室への入場は日没時刻まで)
休館日
火曜日(ただし8月14日は開館)
観覧料 当日券 前売券
企画展 企画展・コレクション展セット 企画展・コレクション展セット
一般 1,000(800)円 1,150(920)円 900円
大学生 600(450)円 700(530)円 ----
小中高生 300(250)円 300(250)円 ----

※ ( )内は20名以上の団体料金
※ 小中高生の学校教育活動での観覧は無料
※ 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、及びその付添の方は観覧無料
※ ミュージアム・パスポートでご覧いただけます
※ 前売券は、ローソン各店(Lコード61984)、チケットぴあ窓口(Pコード769-001)、セブンチケット及び、
  各プレイガイドにてお求めになれます(6/1~9/10まで販売)
 


主  催 :  島根県立美術館、日本海テレビ、SPSしまね
特別協力 :  公益財団法人 水野美術館
企画協力 :  株式会社アートワン

◆毎週木曜日の午前中は「かぞくの時間」(こどもといっしょの鑑賞優先時間など)を実施しています。

> 展覧会チラシ(PDF)

主な出品作品

本展では30名の作家による、選りすぐりの名品65点をご紹介します
 
mizuno_01.jpg

横山大観《無我》

1897(明治30)年

発表すると話題を呼び、大観の名を世に印象づけた出世作。
仏教の根本思想を童子の姿に託した自由な発想と、斬新な表現が評価された。
同題の作品は他に2点が知られ、顔に納得がいかず描き直したのが本作と伝わる。

 
 
mizuno_02.jpg

池上秀畝《盛夏》

1933年(昭和8)年

長野県出身で絢爛豪華な花鳥画を得意とし、当時はたいへん注目を集めた大家。
官設の美術展覧会の常連として、自信にあふれた制作ぶりが伝わる。
確かな写実的描写の技術や、鮮やかに発色する賦彩に圧倒される。

 
 
mizuno_03.jpg   mizuno_04.jpg    

菱田春草《稲田姫(奇縁)》

1899(明治32)年

出雲の地で須佐之男命(すさのおのみこと)が
八俣遠呂智(やまたのおろち)から救い、
妻に迎えた櫛名田比賣(くしなだひめ)のこと。
甕に満たした酒で大蛇を酔わせて成敗する奇策の
成否が運命を分ける、悲壮な場面である。
ただならぬ雰囲気を朦朧体で効果的に表す。

 
上村松園《夏の美人圖》

大正初期

瓜実顔に潤んだ目元、肥痩のある描線は大正期の松園の
特徴である。
蚊帳を吊りながら見上げた先には月が浮かんでいるのだろう。
浴衣の模様に瑞々しい瓢箪蔓草を描いて若さを象徴する、
女性ならではの視点が感じられる。

 
 
 

※全て水野美術館所蔵

 

関連イベント

 参加無料   要事前申込 

オープニングセレモニー

抽選で30名様をオープニングセレモニーにご招待いたします。

また当日抽選でオープニングセレモニーのテープカットにご参加いただけます。

【日 時】 7月20日(金) 9:40~ (受付 9:15~)

【会 場】 美術館ロビー

【特 典】 展覧会図録プレゼント


 ■申込方法

     ハガキまたはFAXに必要事項をお書きの上、下記申込先にお送りください。

   ①お名前(ふりがな) ②住所 ③電話番号 以上必須事項

   ④FAX番号 ⑤同伴者のお名前(ふりがな)1名まで可


 【申込先】  《 ハガキ 》 〒690-0049 島根県松江市袖師町1-5

               島根県立美術館

                  「水野美術館コレクション」展オープニングセレモニーご招待係
 
           《 FAX 》 0852-55-4714

 【申込締切】 7月4日(水) 7月9日(月) 当日消印有効 


   申込締め切りを延長しております。→ ※申込を終了しました

  ※ お客様の個人情報は、招待状の発送以外には利用いたしません。

  ※ 当選者の発表は招待状の発送(7月8日頃 7月12日頃) をもってかえさせていただきます。
 

 要企画展観覧料 

オープニングギャラリートーク
 
【講 師】 髙田紫帆(水野美術館学芸員)
 
【日 時】 7月20日(金) 10:00~(約60分)

【会 場】 企画展示室
 

 聴講無料   当日先着順 

記念講演会「水野コレクションにみる 日本画の150年 ー明治から平成へー」
     
【講 師】 島田康寬(元京都国立近代美術館学芸課長、元立命館大学大学院教授)
 
【日 時】 8月26日(日) 14:00~(13:30開場/約90分)
 
【会 場】 美術館ホール(190席)
 

 要企画展観覧料 

ギャラリートーク(担当学芸員による作品解説)

【日 時】 8月5日(日)、25日(土)、9月2日(日) 各日14:00~ (約60分)  
 
【会 場】 企画展示室
 
 

 聴講無料 

表装の美 -掛軸はどのようにしてつくられるのか

書画をより美しく引き立てる掛軸。機能性や作品保護に優れるだけでなく、裂や紙の取り合わせの

センスが作品の魅力を深めます。

日本美術の伝統的な表装技術のひとつ、掛軸に表装する工程の一部を公開実演します。  

【日 時】 7月29日(日)13:30~15:30

【講 師】 小竹原利則(小竹原彩潢堂、表具師)※「潢」の漢字のつくりの部分は「黄」の旧字体です

【会 場】 美術館ロビー

 ※座席に限りがある為、立見での聴講になる場合がございます。

  予めご了承ください。

  hyousou.jpg
  イメージ

 


 参加無料   要事前申込 

夏休みアート体験2018「和の文様 ミニチュア着物を仕立てよう


日本画の題材として描かれる美しい着物たち。反物に見立てた和紙を和柄で飾り、

切って貼ってミニチュアの着物を作ります。
 
【日 時】 8月11日(土・祝)、12日(日)、13日(月)、14日(火)

      〔1回目〕10:30~ 〔2回目〕14:00~

      (各日2回 計8回実施/各回約120分)
 
【会 場】 美術館アートスタジオ
 
【対 象】 どなたでも(各回定員16名) ※ただし小学校3年生以下は保護者同伴

■申込方法

 ※Eメールのみの受付です。


 件名に「ミニチュア着物」を明記の上、

   ①住所、②電話番号、③参加者情報(氏名・ふりがな・年齢)、

 ④希望回(第2希望まで可)を書き、下記申込先へご送付ください。


 【申込先】  sam@pref.shimane.lg.jp

 【申込締切】 7月25日(水) ※事前申込の受付は終了いたしました。

  ※お申込多数の場合は抽選となります。

  ※定員に余裕がございます。

  ※定員になり次第締切となりますのでご了承ください。

 【参加通知】 7月27日(金)頃、返信をお送りいたします。

  ※定員に満たない場合は、締切日以降でもお申込みを受付ける場合がございます。

  ※お客様の個人情報は、当ワークショップの運営以外には利用いたしません。


  【企画協力】 島根大学教育学部美術教育専攻

 要企画展観覧料 

サンセットギャラリートーク+野外彫刻ガイドツアー

【日 時】 8月14日(火) 16:30~ (約60分)
  
【会 場】 企画展示室・湖岸周辺
 

 鑑賞無料 

ロビーコンサート「美しい日本画と日本の名曲ー水野美術館展に寄せてー」
   
【日 時】 8月19日(日) ①13:00~ ②15:30~(各回約30分)

【出 演】 加藤千乃(ゆきの)/フルート
        島根大学教育学部生涯学習課程音楽芸術コース卒業(フルート専攻)
        藤川麻由美/ソプラノ
                    島根大学教育学部生涯学習課程音楽芸術コース卒業(声楽専攻)
                  周藤美紀子/ピアノ
                    松江市在住。島根大学教育学部特音課程ピアノ科卒業

【会 場】 美術館ロビー

        ※座席数に限りがある為、立見での鑑賞になる場合がございます。予めご了承ください。
 
【曲 目】  ■歌とピアノ

                       浜辺の歌(作詞:林古渓、作曲:成田為三)

                       落葉松(作詞:野上彰、作曲:小林 秀雄)

                       かやの木山の(作詞:北原白秋、作曲:山田耕筰)

                   ■フルートとピアノ

                      ファンタジア(林光)

                   ■フルート独奏

                       冥(福島和夫)

                   ■歌・フルート・ピアノ

                       この道(作詞:北原白秋、作曲:山田耕筰)
 
                    ※曲目は変更になる場合がございます。

 聴講無料   当日先着順 

美術講座「初期日本美術院についてー水野コレクションより」
 
【講 師】 田野葉月(企画展担当者)
 
【日 時】 9月1日(土) 14:00~(13:30 開場/約90分)

【会 場】 美術館講義室(40席)
 

 要企画展観覧料 

しまび×グラントワ 和装の魅力にしたしむ夏
ふたつ見て、もらおう

    
  mizuno_gra.jpg
  クリアファイル
企画展「水野美術館コレクション展 日本画の美」と「ゆかた・浴衣・YUKATA展」の両方を

ご覧になった方にうれしいプレゼントを差し上げます。

企画展入口にてスタンプカードの配布、または押印します。

【期 間】 7月14日(土)~9月10日(月)

      (当館でのカード配布は7月20日から、プレゼントお渡しは9月10日まで)
 
 
 
 
 
                                       

  ◆島根県立石見美術館(グラントワ)企画展 「ゆかた・浴衣・YUKATA展」 

   【会 期】 7月14日(土)~ 9月3日(月) 

 

 

お知らせ

 関連展示   要コレクション展観覧料 

「島根が生んだ不世出の日本画家 中原芳煙」
 
     
【会 期】 8月9日(木)~9月24日(月・振休)
 
【会 場】 展示室5
 
【ギャラリートーク】 9月9日(日)14:00~
 
 

お客さまの声

展覧会へお寄せいただいたアンケートの中から、一部ではありますがお客様の声をお届けします。 
  


 画風、作風の変化がよくわかりました。作品の解説に見どころがピンポイントでかいてあり、作者のまなざし、思いを

   よく感じました。(鳥取県・48歳・女性)

 上村松園の作品は初めてみました。圧倒的な画力と比類のない格調の高さに鳥肌が立ちました。他にも鏑木清方、

 菊池契月の凄さにも驚きました。”本物”しか持ち得ない洗練された美しさに見とれるばかりでした。(出雲市・58歳・男性)

 すばらしい作品が多くあり、よかったです。水野美術館に行ってみたくなりました。(県外・65歳・女性)

 どれも美しい絵で日本画はすごいと思いました。日本画のことがいままで以上にもっと好きになれました。

 (松江市・10歳)

 かみの毛1本1本がとてもていねいで、とくに、ねこやシーサーのような生き物、トラの親子などが

 とてもきれいでした。(滋賀県・10歳)

 普段みることのできない絵が鑑賞できて、大変よかった(京都府・63歳・男性)

 絵がきれいで気に入りました。色づかいがとても上手で気分が良くなりました。(雲南市・16歳)

 写実性の高い植物の絵が描かれた屏風が良かったです。みとれてしまいました。(鳥取県・21歳・女性)

 時代ごとの区分けがわかりやすかった。(出雲市・55歳・男性)

 いろいろな近代の日本画を見れる機会はあまり無いと思う。内容もすごくよかったし、満足。(神奈川県・27歳・女性)

 横山大観等普段みられない様なもの、又、最後のとてもきれいな桜の絵がとても良かったです。(松江市・45歳・女性)

 いろんな人が描いた絵がたくさんあって楽しめた。いろとりどりですごかった。(浜田市・15歳)

 時代とともに変化する日本画の良さがわかりました。(松江市・14歳)

 特定の画家に限らず幅広い作風が同時に楽しめて大変興味深かった。(兵庫県・68歳・男性)

 日本画のイメージが大きく変わった企画展でした。鮮やかな色使いも多かったですし、太い線で

 描かれた作品もあったりして楽しく見る事ができました。(出雲市・40歳・女性)

 見るだけで圧倒されました。迫力があり、かつ繊細でとても勉強になりました。よかったです。

 (出雲市・14歳)

 日本画を見るのはぼくは初めてだったので今回来て良かったなぁと思いました(松江市・9歳)
     
 いろいろな絵があってすごいなと思ったし、楽しかったです。 (松江市・7歳)