小茂田青樹

小茂田青樹
  • 概要
  • 主な出品作品
  • 関連イベント
  • お得な割引券

概要

島根を情趣豊かに描いた大正から昭和期の日本画家、小茂田青樹(1891-1933)。写実に徹した観察は美しい面影をよみがえらせ、透明感のある繊細な色彩と描線が丁寧に重ねられた珠玉の風景画です。さらに写実性は対象そのものの内面までを描き出すかのように、昇華され、《虫魚画巻》のような神秘的な世界に到達してゆきます。今村紫紅の大きな影響、速水御舟との切磋琢磨を経験した青樹の作品は、日本画を革新しようとする時代の寵児であった熱い息吹を感じさせるでしょう。全国から重要作ばかり約90点(資料を含む)を一堂に会し、大正9年11月から10年末にかけて島根県松江市に住んだ約一年間の松江時代は13点を展示します。
会 期
2017年7月14日(金) ~ 8月28日(月)
開館時間
10:00~日没後30分(展示室への入場は日没時刻まで)
休館日
火曜日(ただし8月15日は開館)
観覧料 当日券 前売券
企画展 企画展・コレクション展セット 企画展・コレクション展セット
一般 1,000(800)円 1,150(920)円 900円
大学生 600(450)円 700(530)円 ----
小中高生 300(250)円 300(250)円 ----

※ ( )内は20名以上の団体料金
※ 小中高生の学校教育活動での観覧は無料
※ 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、及びその付添の方は観覧無料
※ ミュージアム・パスポートでご覧いただけます
※ 前売券は、ローソン各店(Lコード61898)、チケットぴあ窓口(Pコード768-363)、JRの主な駅、主な旅行会社、
  各プレイガイドにてお求めになれます(6/10発売)


  前売券特典 特製うちわプレゼント!
  前売券を購入された方に「《虫魚画巻》納涼うちわ」を差し上げます。

   【引換え期間】 7月14日(金)~8月28日(月)
   【引換え場所】 美術館各受付(前売券をご提示ください)
        omoda_uchiwa.jpg
   ※ プレゼントは個数限定です。予めご了承ください。


主  催 :  島根県、島根県立美術館、TSK山陰中央テレビ、山陰中央新報社、SPSしまね
後  援 :  朝日新聞松江総局、毎日新聞松江支局、読売新聞松江支局、産經新聞松江支局、中国新聞社、新日本海新聞社
        島根日日新聞社、NHK松江放送局、BSS山陰放送、日本海テレビ、エフエム山陰、山陰ケーブルビジョン

omoda_bunkacyo.jpg

◆毎週木曜日の午前中は「かぞくの時間」(こどもといっしょの鑑賞優先時間など)を実施しています。

> 展覧会チラシ(PDF)

主な出品作品

自然の垢を描いて浪漫的な綺麗事を一擲せよ
 
omoda_work_1.jpg
《乙艫帰帆》
1915(大正4)年、茨城県近代美術館蔵
優しく温もりのある色彩と軽い筆触が心地よい情趣を感じさせる。線描で表した雨が遠景を巧みに調和させて、穏やかな雰囲気が漂う。
今村紫紅のもと写生にでかけて精力的に風景を描いた赤曜会時代の作品。
 
 
omoda_work_2.jpg   omoda_work_3.jpg
《四季屏風(夏・冬)》
1919(大正8)年、滋賀県立近代美術館蔵
再興院展に出品、一年がかりで制作した自信作。金銀の砂子が夢幻的な空間を演出し、琳派風の描法と装飾的な画面構成に目を奪われる。
けれども落選した。当時の院展は入選率1.4%であった。
 
 
 
およそ60年ぶりの一般公開!
 
omoda_work_4.jpg
《曇り日の丘》
1919(大正8)年、個人蔵
院展落選の通知を受け、狭山の金乗院で制作に没頭した時代の作品。濃厚で瑞々しい色彩の階調から、
真摯な観察眼と生命へ憧れる力強さが感じられる。
油彩技法への関心から試作を重ねた探究姿勢にも打たれる
 
 
 
大正期島根の風景を描く
 
omoda_work_5.jpg
《出雲江角港》
1921(大正10)年、東京国立近代美術館蔵
再興院展に入選し、同人に推挙された記念作とほぼ同構図の作品。松江より北へ8㎞の日本海に面した旧鹿島町恵曇港。
今も赤瓦の家並みと、湾を囲む対岸の山の稜線が深い。装飾性と写実性のみごとな調和と評価される。
 
 
omoda_work_6.jpg   omoda_work_7.jpg
《農村の船着場》
1920(大正9)年、何必館・京都現代美術館蔵
清々しい大気に包まれた水都松江の農作業の様子を写実的に描く。
竿や綱の細やかで鮮鋭な描写と、小舟の連なりがつくる形象のリズムは、
画面上で絶妙なバランスをとる。
  《楽山新秋》
1921(大正10)年、山種不動産株式会社蔵
楽山焼は松江藩御用窯として創業、茶道具を中心に現在も続く。
線描による構造物の密集が明るい色彩の渦にとけこみ、
何気ない風景をおもしろく見せる。
     
     
     
     
omoda_work_8.jpg
《ポンポンダリヤ》
1922(大正11)年、横浜美術館蔵
松江時代に手がけるようになった静物画では、岸田劉生に代表される草土社風の細密描写から、
院体花鳥画の清澄な写実性まで追求する。
速水御舟や青樹は静物を捉えることを日本画で試みた。
 
 
omoda_work_9.jpg
《秋意》
1926(大正15)年、川越市立美術館蔵
この時期は装飾的な傾向にあると評され、画面を統一する技巧的な所作がさえる。
ただし葡萄の細部まで形状が観察され、墨の濃淡による写実味はより強まっている。
写実と装飾のせめぎ合いである。
 
 
omoda_work_10_1.jpg   omoda_work_10_2.jpg
《薫房》
1927(昭和2)年、福島県立美術館蔵
   
 
 
omoda_work_11.jpg
《春の夜》
1930(昭和5)年、埼玉県立近代美術館蔵
 
 
 
写実と装飾の融合なる
 
omoda_work_12.jpg
 
omoda_work_15.jpg
 
omoda_work_14.jpg     omoda_work_13.jpg
omoda_work_16.jpg   omoda_work_17.jpg
《虫魚画巻》
1931(昭和6)年、東京国立近代美術館蔵
「虫の心と私達の心が一種の連関した『友情』にあることが必要」と述べ、虫や花といった日常的な存在を徹底的に観察して写生する。
対象そのものを超えた幻想的な世界は、写実に基づいた装飾性への到達であった。
 
 
※会期中一部展示替があります。詳細は決まり次第こちらのページでご案内いたします。

 

関連イベント

 参加無料   要事前申込 

オープニングセレモニー
 

抽選で30名様をオープニングセレモニーにご招待します。

また当日抽選でオープニングセレモニーのテープカットにご参加いただけます。

【日 時】 7月14日(金) 9:40~ (受付 9:15~)

【会 場】 美術館ロビー

【特 典】 展覧会図録プレゼント


 ■申込方法

     ハガキまたはFAXに必要事項をお書きの上、下記申込先にお送りください。

   ①お名前(ふりがな) ②住所 ③電話番号 以上必須事項

   ④同伴者のお名前(ふりがな)1名まで可


 【申込先】  《 ハガキ 》 〒690-0049 島根県松江市袖師町1-5

               島根県立美術館

                  「小茂田青樹」オープニングセレモニーご招待係
 
           《 FAX 》 0852-55-4714

 【申込締切】 6月26日(月) 当日消印有効


  ※ 申込多数の場合は抽選となります。

  ※ お客様の個人情報は、当イベントの運営以外には利用いたしません。

  ※ 当選者の発表は招待状の発送(7月3日頃) をもってかえさせていただきます。
 

 要企画展観覧料 

オープニング・ギャラリートーク
 
 
【日 時】 7月14日(金) 10:00~(約40分)

【会 場】 企画展示室


 聴講無料   当日先着順 

記念講演会「小茂田青樹 ~写実と装飾の間(はざま)から~」
 
     
【講 師】 伊豆井秀一(元埼玉県立近代美術館主席学芸主幹)
 
【日 時】 8月20日(日) 14:00~(13:30開場/約1時間半)
 
【会 場】 美術館ホール(190席)
 

 要企画展観覧料 

ギャラリートーク(担当学芸員による作品解説)
 

【日 時】 7月22日(土)、30日(日)、8月13日(日) 各日14:00~    
 
【会 場】 企画展示室


 聴講無料   当日先着順 

美術講座 しまび×グラントワ 日本画をたのしむ夏

 
① 同時代の日本画家、北野恒富、綺麗事でない美人画

【講 師】 川西由里(県立石見美術館専門学芸員)
 
【日 時】 7月17日(月・祝) 14:00~(13:30開場/約1時間)

【会 場】 美術館講義室(40席)


② 小茂田青樹、島根を描く

【講 師】 田野葉月(当館主任学芸員)
 
【日 時】 7月29日(土) 14:00~(13:30開場/約1時間)

【会 場】 美術館講義室(40席)
 

 各イベント:参加無料   企画展「小茂田青樹」・コレクション展無料 

ミュージアムフェスティバル2017
 
     
全館無料開放デー!子どもが楽しめるイベント盛りだくさん。美術館で涼しく過ごしませんか。

【日 時】 7月16日(日) 10:00~19:53(閉館まで)

  ● 島根初公演!! 「劇団かかし座」の影絵パフォーマンス

  ● TOY POPバルーンアートショー

  ● 大人気  かわいいモチーフのオリジナル缶バッジつくり ほか

 
 ※イベントの詳細は、決まり次第こちらのページでご案内いたします。

 ※イベントの一部は参加者数限定、当日先着順です。
 

 鑑賞無料   当日先着順 

映画「天心」

    
【日 時】 7月23日(日) 〔1回目〕10:30~ 〔2回目〕14:30~
 
【会 場】 美術館ホール(190席)

【内 容】 東京美術学校、日本美術院創立に携わり、「茶の本」を著すなど

      日本近代美術の父といわれた岡倉天心を竹中直人が演じる。

      (2013年/カラー/122分/DVD上映)
 

 鑑賞無料 

サンセットロビーコンサート「音のキラメキ・夕日のキラメキ」

    
【日 時】 7月30日(日) 17:30~
 
【出 演】 山陰フィル・ジュニアオーケストラ

【会 場】 美術館ロビー
 

 参加無料   要事前申込 

夏休みアート体験2017「シジミ胡粉を使った日本画体験(仮)」

    
【日 時】 8月10日(木)、11日(金・祝)、12日(土)、13日(日) (各日2回/計8回実施)
 
【会 場】 美術館アートスタジオ
 
【会 場】 どなたでも(小学校3年生以下は保護者同伴)

 申込方法ほか詳細は、7月以降こちらのページでご案内いたします。

 企画協力:島根大学教育学部美術教育専攻
 

 要企画展観覧料 

しまび×グラントワ 日本画をたのしむ夏
ふたつ見て、もらおう

    
企画展「小茂田青樹」と「北野恒富展」の両方をご覧になった方にうれしいプレゼントを差し上げます。

企画展入口にてスタンプカードの配布、または押印します。

【期 間】 7月14日(金)~9月18日(月・祝)

      (当館でのカード配布およびプレゼントお渡しは8月28日(月)まで)
 

  ◆島根県立石見美術館(グラントワ)企画展 「没後70年 北野恒富展」 

   【会 期】 8月5日(土)~ 9月18日(月・祝) 

     詳しくはこちら  島根県立石見美術館 ホームページ(外部サイト)
 

 

 要企画展観覧料   当日先着順 

ポスタープレゼント
 

先着50名様に本展ポスターをプレゼントします。

【日 時】 7月17日(月・祝)10:00~


 

お得な割引券

プリントアウトして美術館総合受付までお持ちください。

> お得な割引券ダウンロード(PDF)