江戸の遊び絵づくし

江戸の遊び絵づくし
  • 概要
  • 主な出品作品
  • 関連イベント
  • お知らせ
  • お得な割引券
  • お客さまの声

概要

江戸の「遊び絵」の世界へようこそ。本展では、浮世絵師の遊び心あふれる、さまざまな浮世絵をご覧いただけます。
「寄せ絵(よせえ)」・「上下絵(じょうげえ)」・「有卦絵(うけえ)」・「文字絵(もじえ)」・「大小暦(だいしょうれき)」
「判じ絵(はんじえ)」・「地口絵(じぐちえ)」・「身振絵(みぶりえ)」・「影絵(かげえ)」・「鞘絵(さやえ)」
「仕掛絵(しかけえ)」・「おもちゃ絵」・「釘絵(くぎえ)」・「鯰絵(なまずえ)」などなど、遊び絵を集め尽くした展覧会です。
これらの絵を、江戸庶民がどんな風に使い、面白がり、驚き、頭をひねり、そして笑っていたのか― そんなことが想像できる仕掛けも
いっぱい!いつも江戸庶民の身近にあった“遊び”の造形世界を、どうぞお楽しみください。
会 期
2017年5月19日(金) ~ 7月3日(月)
開館時間
10:00~日没後30分(展示室への入場は日没時刻まで)
休館日
火曜日
観覧料 当日券 前売券
企画展 企画展・コレクション展セット 企画展・コレクション展セット
一般 1,000(800)円 1,150(920)円 900円
大学生 600(450)円 700(530)円 ----
小中高生 300(250)円 300(250)円 ----

※ ( )内は20名以上の団体料金
※ 小中高生の学校教育活動での観覧は無料
※ 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、及びその付添の方は観覧無料
※ 
前売券は、ローソン各店(Lコード63226)、チケットぴあ窓口(Pコード768-266)、JRの主な駅、主な旅行会社、
  各プレイガイドにてお求めになれます(4/21発売)
※ ミュージアム・パスポートでご覧いただけます

◆毎週木曜日の午前中は「かぞくの時間」(こどもといっしょの鑑賞優先時間など)を実施しています。

主  催 :  
島根県立美術館、TSK山陰中央テレビ、SPSしまね
後  援 :  朝日新聞松江総局、毎日新聞松江支局、読売新聞松江支局、産經新聞松江支局、日本経済新聞社松江支局
        中国新聞社、山陰中央新報社、新日本海新聞社、島根日日新聞社、NHK松江放送局、BSS山陰放送
        日本海テレビ、エフエム山陰、山陰ケーブルビジョン

企画協力 :  株式会社アートワン

edo_asobie_work_1.jpg
     歌川国芳《流行猫の狂言づくし》(部分)

> 展覧会チラシ(PDF)

主な出品作品

 
edo_asobie_work_6.jpg   edo_asobie_adwork_3.jpg   edo_asobie_adwork_11.jpg
歌川国芳《みかけハこハゐがとんだいゝ人だ》   歌川国芳《人をばかにした人だ》   歌川芳藤《小猫寄り集まって大猫になる》
 
 
 
edo_asobie_adwork_24.jpg   edo_asobie_work_12.jpg   edo_asobie_adwork_45.jpg
歌川貞景《五子十童図》   歌川国芳《両面相  伊久 げどふ だるま とくさかり》   歌川国芳《国芳もやう 正札附現金男 野晒悟助》
 
 
 
edo_asobie_work_10.jpg   edo_asobie_adwork_81.jpg
歌川国芳《有卦福曳の図》   歌川国芳《猫の当字 ふぐ》
 
 
 
edo_asobie_work_11.jpg   edo_asobie_adwork_96.jpg   edo_asobie_adwork_103.jpg
歌川重宣《しょく類はんじ物 上戸》   歌川豊国《犬の介科》   歌川広重《狂戯芸づくし 壹》
 
 
 
edo_asobie_work_8.jpg
歌川国芳《其面影程能写絵 おかづり・ゑびにあかがひ》
 
 
 
edo_asobie_work_4.jpg   edo_asobie_work_4_a.jpg   edo_asobie_work_5.jpg   edo_asobie_adwork_126.jpg
  歌川芳藤《新板具そくの組立》   完成イメージ   歌川芳藤《しん板猫尽両めん合》   歌川芳藤《しん板 手あそびづくし》
 
 
 
edo_asobie_work_7.jpg
歌川国芳《荷宝蔵壁のむだ書(黃腰壁)》
 
 
 
edo_asobie_adwork_140.jpg   edo_asobie_work_9.jpg
歌川国芳《流行猫の曲手まり》   作者未詳《しんよし原大なまづゆらひ》
 
 
 
edo_asobie_adwork_156.jpg
歌川国芳《朝比奈小人嶋遊》
 
 

 

関連イベント

 
 
 聴講無料   当日先着順 

記念講演会「浮世絵にみる江戸の笑い」
edo_asobie_work_2_a.jpg
     
【講 師】 稲垣進一氏(国際浮世絵学会常任理事/本展監修者)
 
【日 時】 5月20日(土) 14:00~(13:30開場/約1時間30分)
 
【会 場】 美術館ホール(190席)
 

 要企画展観覧料 

オープニング・ギャラリートーク
 
 
【講 師】 稲垣進一氏(国際浮世絵学会常任理事/本展監修者)
 
【日 時】 5月19日(金) 10:00~(約40分)

【会 場】 企画展示室
 

 要企画展観覧料 

ギャラリートーク(担当学芸員による作品解説)
 

【日 時】 5月28日(日)、6月3日(土)、6月10日(土) 各日14:00~    
 
【会 場】 企画展示室

edo_asobie_work_2_b.jpg
 聴講無料   当日先着順 

美術講座「江戸の遊び絵づくし ―江戸庶民が楽しんだ浮世絵の世界―」
 

【講 師】 大森拓土(当館主任学芸員)
 
【日 時】 6月25日(日) 14:00~(13:30開場/約1時間30分)

【会 場】 美術館講義室(40席)
 

 要企画展観覧料   当日先着順 

ポスタープレゼント
 

企画展「江戸の遊び絵づくし」をご覧の当日先着100名様に、本展ポスターをプレゼント!

【日 時】 5月21日(日) 10:00~ 配布終了まで

【会 場】 企画展示室入口
 

 各イベント:参加無料   展覧会:家族でご来館の高校生以下無料 

江戸文化で遊ぼ!―「しまね家庭の日」ファミリーデ―
 
     
毎月第3日曜日の「しまね家庭の日」に合わせた楽しいイベントデーの開催です!

「ファミリー落語会(出演:六代目 桂小文吾)」、「紙切りショー(出演:はさみ家紙太郎)」、

「伝統柄手拭い工房」などイベント満載!!

家族でご来館の小中高生は展覧会「江戸の遊び絵づくし」を無料でご覧いただけます。


【日 時】 6月18日(日)

 
 ※イベントの詳細は、決まり次第こちらのページでご案内いたします

 ※イベントの一部は参加者数限定、当日先着順です
 
edo_asobie_work_2_d.jpg

 参加無料   要事前申込 

ワークショップ 「イラストレーター八巻さんと作る 和柄行灯」

    
松江市在住のイラストレーター八巻さんと一緒に作る「kawaii」和柄の行灯ワークショップです。

江戸文字や遊び絵、江戸風模様をモチーフに水彩絵の具で彩色します。

【日 時】 5月27日(土) 13:00~(約180分)
 
【対 象】 どなたでも(定員10名程度)※ただし小学3年生以下は保護者同伴
 
【会 場】 美術館アートスタジオ

【特 典】 ご参加いただいた方には「松江水燈路」開催中に利用できる、

      堀川遊覧船夜間乗船券・松江城夜間登閣券をプレゼントします。

edo_asobie_andon.jpg
八巻さんのイラスト

andon_2017_1.jpg   andon_2017_2.jpg
完成イメージ

■申込方法 

    ハガキまたはFAXに必要事項をお書きの上、(複数名まとめて申し込む場合は
  全員分の必要事項)下記申込先にお送りください。

  ①お名前(ふりがな) ②住所 ③電話番号 ④年齢 ⑤FAX番号
 

 【申込先】《 ハガキ 》 〒690-0049 島根県松江市袖師町1-5
              島根県立美術館「行灯作り」係

        《 FAX 》 0852-55-4714
 
 【申込締切】 5月12日(金) 当日消印有効 ※受付は終了しました

    
  ※ 申込多数の場合は抽選となります。
  
  ※ 当選者の発表は参加証の発送(5月15日頃) をもってかえさせていただきます。
 
  ※ お客様の個人情報は、当イベントの運営以外には利用いたしません。

■展示

  制作された行灯は、下記のイベントで展示させていただきます。

  ①当館イベント「トワイライトミュージアム 2017」  詳しくはこちら
 
    【期 間】 6月21日(水)~ 9月11日(月)

    【会 場】 美術館ロビー

  ②松江水燈路
 
    【期 間】 2017年9月23日(土・祝)~10月31日(火)

    【会 場】 松江城周辺


 ※制作された行灯は、松江水燈路会期終了後に返却いたします。
 

 参加無料   要事前申込 

ワークショップ「みかけハこハいがとんだいい“いきもの”だ」

    
たくさんの人や物を寄せ集めて描く浮世絵の「寄せ絵」みたいに、

電子部品やボルトを寄せ集めて、

自分だけの不思議な“いきもの”を作ってみよう!

【日 時】 6月11日(日)

      [1回目]10:30~12:00  [2回目]13:30~15:00
 
【対 象】 小学生(各回定員20名)※ただし小学3年生以下は保護者同伴
 
【会 場】 美術館アートスタジオ

edo_asobie_ws.jpg
イメージ

 ■申込方法 

    件名にイベント名「遊び絵ワークショップ参加希望」と明記の上、

  ①住所 ②電話番号 ③参加者情報(氏名・ふりがな・年齢)、

  ④希望回(「1回目のみ」・「2回目のみ」・「各回可」のいずれか)を書き、

  下記申込先へEメールでお申し込みください。

  館内では総合受付でも申込可能です。
 
 edo_asobie_work_2_e.jpg
 【申込先】  sam@pref.shimane.lg.jp
 

 【申込締切】 5月24日(水) ※申込み多数の場合は抽選となります

        6月8日(木)まで
 
        定員に若干の余裕がございますため、締切を延長しております。
  
        ただし、定員に達し次第、締切とさせていただきます。
 
 
 
 【参加通知】 5月26日(金)以降、ご参加いただける皆さまへメールをお送りします

 
  ※ お客様の個人情報は、当イベントの運営以外には利用いたしません。
 


ほかにも会期中には「チャレンジ!楽しい判じ絵をつくろう」や「大江戸なぞときめぐり」など、
館内で楽しいイベントを予定しています。
詳細は、決まり次第こちらのページでご案内いたします。

                     edo_asobie_work_2_c.jpg

 

お知らせ

江戸の遊び絵ショップ

ミュージアムショップでは、かわいい浮世絵グッズをたくさんご用意します。

お買物もぜひお楽しみください!

                            edo_asobie_work_2_f.jpg
         歌川国芳《流行猫の曲手まり》(部分)

お得な割引券

プリントアウトして美術館総合受付までお持ちください。

> お得な割引券ダウンロード(PDF)

お客さまの声

展覧会へお寄せいただいたアンケートの中から、一部ではありますがお客様の声をお届けします。 



■ 江戸時代から現代にまで通じるユーモアがある作品がたくさんあったことにまず、おどろきました。

  かつら合わせや、絵文字など、私の子供時代にもこんな遊びをしたなぁと、なつかしいような、新鮮なきもちです。

  昔の人も案外今と変わらず、娯楽がたくさんあったのですね。(出雲市・30歳・女性)  NEW 


■ 人間のもつユーモア、娯楽好きについて思い至った。浮世絵にこんな世界があったとは・・・。

  知的で趣きもありながら、快活さに気持ちが軽くなった思いがする。(松江市・64歳・女性)  NEW 


■ 今まで知らない分野だったので、新しい発見があって良かったです。(岡山県・27歳・男性)  NEW 


 判じ絵の面白さ、江戸のイキ、感じる事が出来ました。(松江市・68歳・女性)  NEW 


 とても遊び心があって面白いですね。江戸のことばあそびってユニークだなぁと思いました。(出雲市・43歳・女性)  NEW