島根県立美術館コレクション名品選 新庄二郎が愛した浮世絵

島根県立美術館コレクション名品選 新庄二郎が愛した浮世絵
  • 概要
  • 主な出品作品
  • 関連イベント
  • お客さまの声

概要

島根県立美術館が所蔵する「新庄コレクション」は、松江出身の実業家で著名な浮世絵コレクターだった新庄二郎(1901-1996)が蒐集した浮世絵のコレクションです。その内容は、葛飾北斎や歌川広重の風景画を中心に、菱川師宣や懐月堂安度の肉筆画、鈴木春信や喜多川歌麿の美人画、異国風俗を描いた長崎絵など多岐にわたります。東京オリンピックや大阪万国博覧会等の記念展示で一部の作品が公開され、1970年代には「新庄コレクション展」が全国の美術館・博物館・百貨店で開催されるなど、優秀な個人コレクションとして広く知られていました。
1983年、新庄はこの優れたコレクションの多くを、生まれ故郷の島根県へ譲渡しました。葛飾北斎の《冨嶽三十六景 凱風快晴》や歌川広重の《東海道五拾三次之内》など、島根県で摺りや保存状態が良好な浮世絵を数多く見ることができるのはそのためです。
新庄二郎の没後20年にあたり、本展では新庄コレクションの軌跡を、豊富な資料や新庄が自身の蒐集品へ向けた言葉と共に振り返ります。新庄二郎が愛情を注ぎ、情熱を傾けて作り上げた「新庄コレクション」の精華を、この機会にぜひご堪能ください。
会 期
2017年1月2日(月・振休) ~ 2月6日(月)
開館時間
10:00~18:30(展示室への入場は18:00まで)
休館日
火曜日(ただし1月3日は開館)、1月4日(水)

 

観覧料 当日券
企画展・コレクション展セット
一般 500(400)円
大学生 300(240)円
小中高生 無 料

 高校生以下の観覧は無料です

※( )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、及びその付添の方は観覧無料
ミュージアム・パスポートでご覧いただけます

◆毎週木曜日の午前中は「かぞくの時間」(こどもといっしょの鑑賞優先時間など)を実施しています。

主    催:島根県立美術館、TSK山陰中央テレビ、山陰中央新報社、SPSしまね
特別協賛:株式会社えすみ(創業100周年記念事業)
後    援:松江市、朝日新聞松江総局、毎日新聞松江支局、読売新聞松江支局、産經新聞松江支局
       日本経済新聞社松江支局、中国新聞社、新日本海新聞社、島根日日新聞社、NHK松江放送局
       BSS山陰放送、日本海テレビ、エフエム山陰、山陰ケーブルビジョン

shinjo_kuu.jpg

> 展覧会チラシ(PDF)

主な出品作品

 

shinjo_work_b_1.jpg   shinjo_work_a_1.jpg
葛飾北斎《冨嶽三十六景 凱風快晴》[島根県指定文化財]   葛飾北斎《冨嶽三十六景 山下白雨》[島根県指定文化財]
     
     
     
shinjo_work_b_2.jpg   shinjo_work_a_2.jpg
葛飾北斎《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》[島根県指定文化財]   葛飾北斎《冨嶽三十六景 尾州不二見原》
     
     
     
shinjo_work_b_4.jpg   shinjo_work_a_4.jpg
歌川広重《東海道五拾三次之内 日本橋 朝之景》[島根県指定文化財]   歌川広重《東海道五拾三次之内 池鯉鮒 首夏馬市》[島根県指定文化財]
     
     
     
shinjo_work_b_8.jpg   shinjo_work_a_8.jpg
歌川広重《木曾海道六拾九次之内 宮ノ越》   歌川広重《木曾海道六拾九次之内 洗馬》
             
             
             
shinjo_work_b_3.jpg   shinjo_work_a_3.jpg   shinjo_work_b_7.jpg   shinjo_work_a_7.jpg
歌川広重
《名所江戸百景 大はしあたけの夕立》
  歌川広重
《名所江戸百景 亀戸梅屋舖》
  東洲斎写楽
《市川男女蔵の奴一平》
  喜多川歌麿
《糸屋小いとが相》
     
     
     
shinjo_work_b_5.jpg   shinjo_work_a_5.jpg
歌川広重《東都名所 両国夕すずみ》   歌川広重《(雪月花) 武陽金沢八勝夜景》
     
     
     
shinjo_work_b_6.jpg   shinjo_work_a_6.jpg
川原慶賀《魯西整儀写真鑑(鉄砲隊)》   絵師不詳《(長崎絵)阿蘭陀船図》
     
     
     
shinjo_work_b_10.jpg   shinjo_work_a_10.jpg
小林清親《鶏に蜻蛉》   小林清親《九段坂五月夜》
     
     
     
shinjo_work_b_9.jpg   shinjo_work_a_9.jpg
織田一磨《松江大橋雪景》   川瀬巴水《湖畔の雨(松江)》
     
    いずれも島根県立美術館蔵    


 

新庄二郎 [明治34(1901)年-平成8(1996)年]

松江市伊勢宮町で遊郭を営む新庄儀一郎の次男として生まれる。明治大学商科専門部を卒業後、
大阪で電気照明器具の仕事に就き、戦後、電気スタンドの専門会社を設立した。
昭和25(1950)年頃に小林清親の版画を購入して以降、浮世絵蒐集にめざめ、桑原羊次郎旧蔵の
歌川広重《東海道五拾三次之内》や肉筆浮世絵の入手を機に、コレクションは広く知られるようになる。
昭和39(1964)年の東京五輪、昭和45(1970)年の大阪万博の折の記念展示で一部の所蔵品が
出品された他、「新庄コレクション」と銘打った浮世絵展が全国各地の美術館・博物館・百貨店で
開催された。昭和58(1983)年、コレクションを故郷の島根県へ一括で譲渡した。晩年に日本浮世絵
協会の理事を務め、浮世絵の普及活動への功績から、平成7(1995)年、第14回内山晋米寿記念
浮世絵奨励賞を受賞した。

shinjo.jpg
     

 

関連イベント

 
 聴講無料   当日先着順 

連続浮世絵講座

 
【日程・演題】

 ①1月8日(日)   「新庄コレクションでわかる!浮世絵のたのしさ」

           浮世絵の楽しみ方がわかる浮世絵の入門講座です。
 

 ②1月14日(土) 「新庄コレクションにみる風景版画の変遷 ~北斎から清親まで」

           江戸・明治期の風景版画の歴史を「新庄コレクション」で振り返ります。


 ③1月22日(日) 「新庄二郎が愛した浮世絵」
 
           新庄二郎が遺した言葉と共にコレクション形成の軌跡をたどります。


【時 間】 各日14:00~(13:30開場/約1時間30分)

【会 場】 美術館講義室(40席)
 
【講 師】 大森拓土(当館主任学芸員/本展企画者)
 

 要企画展観覧料 

ギャラリートーク(担当学芸員による作品解説)

 
【日 時】 1月9日(月・祝)、21日(土)、29日(日) 各日14:00~

【会 場】 企画展示室
 

 鑑賞無料    当日先着順 

新春初笑い! 島根県立美術館新春落語会


【出 演】 2代目 森乃福郎(上方落語協会理事)

【演 目】 『紀州』~江戸時代を学ぼう~

【日 時】 1月15日(日) 14:00~(13:30開場/約1時間)

【会 場】 美術館ホール(190席)

       ※開演後の途中入退場はご遠慮くださいますようお願いいたします。


【2代目 森乃福郎 プロフィール】
 

  京都市出身 上方落語協会理事
  昭和23年8月9日生まれ
  昭和47年3月大学卒業と同時に初代森乃福郎に師事
  笑福亭福三の芸名で高座デビュー
  平成12年10月28日 二代目森乃福郎を襲名
  京都先斗町歌舞練場を皮切りに東京・大阪で襲名披露落語会を開催
  翌2001年から京都・大阪で年1回ずつの森乃福郎独演会を開催中

  《主な落語活動》
    ・森乃福郎独演会
     襲名以来、京都・大阪で毎年1回ずつ好評開催中
    ・ときわ寄席
     高槻で、小会場の狭さを生かした気さくな落語会
      ・新撰落語もぎた亭
       毎回新作落語を根多下ろしする勉強会で代表を務める

rakugo_2017_1.jpg
 


 要企画展観覧料    当日先着順 

先着100名!新春浮世絵グッズプレゼント

                       
企画展「新庄二郎が愛した浮世絵」をご覧の各日先着100名様に、抽選ですてきな浮世絵グッズをプレゼント!


【期 間】 1月2日(月・振休)、1月3日(火)

【対 象】 各日 先着100名ずつ

【グッズ】 各日 特賞:展覧会図録(5名)、1等~3等:浮世絵グッズ(95名)
 


新春・和服割引

                       
和服でご来場のお客様(ご本人様のみ)は、半額で展覧会をご覧いただけます!

企画・コレクション展セット:(一般)500円⇒250円 (大学生)300円⇒150円  

 
【期 間】 1月2日(月・振休)~1月9日(月・祝)(※1月4日は休館)
 

 要企画展観覧料    当日先着順 

「新庄二郎が愛した浮世絵」ポスタープレゼント


企画展「新庄二郎が愛した浮世絵」をご覧の当日先着100名様に、本展ポスターをプレゼント!

 
【日 時】 1月28日(土)10:00~配布終了まで


お客さまの声

展覧会へお寄せいただいたアンケートの中から、一部ではありますがお客様の声をお届けします。 



■ 浮世絵の大ファンです。東京に結婚後暮らしておりましたが、

  これだけのコレクションを東京でゆっくりじっくり鑑賞したことは一度もございません。

  国芳、広重、川瀬巴水、特に好きです。感動いたしました!!(出雲市・46歳・女性)   NEW 


■ 有名な作品に出会うことが出来、感激。(鳥取県・73歳・男性)  NEW